忍者ブログ
Fantastic Cafeの更新日記/CG講座/創作談義
Calendar
<< 2017/04 >>
SMTWTFS
1
2345 678
9101112 131415
16171819 202122
23242526 272829
30
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、あけおめ終わり。


 ここから先は、フィクションとしてお楽しみ下さい。

 

拍手[2回]

PR
私には自分が思ったことを結構ストレートに喋ってしまう悪いクセがありまして。
中学の頃軽いいじめに遭っていたこともあって、思ったことを喋らないと自分の考えが伝わらないとダメだと考えるようになったんでしょうね。オフでもかなり失礼なことを普通に喋ってることがあるので、口に出すときはそれなりに注意することにしています。
特に関心のあることに関しては自分の考えをやたらと喋りますんで、もしかしたら引いちゃう人もいるのかも知れない。でも、ネタに詰まって沈黙続くよりいっか~くらいのポジティブ姿勢です。

そんなこんなでおわかりのように小説の感想も辛口なわけですね。
辛口にしようと思ってしてるわけじゃなくて、思ったとおりに書いた結果辛口になってるのですよ。申し訳ないことに。
素直な気持ちで書いてるので他意はない。他意はないから面倒なんですわ。
数年前某交流サイトで本当の事書いたら逆ギレされまして、なぜか村八分状態にされてしまったんですよ。
以来、なるべくならと封印してきた辛口ですが、思ったことを書けないのは辛い。
あっという間に辛口感想屋に戻ってしまいました!

以前エッセイに書いたのですけど、これが私のHNか否かで印象というか、捉えられ方が違うのでまた興味深い。
天崎名義での書込は全て悪意と捉えられるから、呪われてるのかと思うくらいですね。
これがどうして天崎以外の名前で書き込むと許容されるのか。そこが知りたい。
やっぱり、イメージがあるんでしょうね。
天崎=エッセイでうるさい人=辛口→上から目線か! みたいな。
独りよがりだの言われますしね。あ、鬼の首取ったようなこと書きやがってとか、普通に言われてるのは知ってますよ。
ええ、私は私の考えを文章に紡いでるだけですので。私の考えは私の考えに過ぎず、あなたの考えと合致するとは限らない。
人間千差万別十人十色、誰がどんな考えを持っているのかなんてわからんものです。

ところがです、私の考えなり感想が自分のそれとそぐわないからと言って、荒らし認定されてしまう。
これがきっついのです。
念のため書きますが、私は過去に何度か同じような経験をしているので、一つの出来事についてこのような文章を書いているのではないと言うこと。これがびっくりするくらい毎回同じ展開になるので、なんと申しましょうか、似たようなタイプの人間問のはどこにでもいるもんだ、だから気にすることはない。そういうことです。

たとえば自分の思ったとおりの感想が来ないなんて当たり前のこと。
クソみたいに否定されることだってあります。要約すれば「お前はこの話を書く価値なし」だとか「こんな話を書くとは最低の人間だ」「反吐が出る」と言われることだってあるわけです。っていうか、ありました。
でも、それはその人の感想であって、私がどうにか出来る問題ではない。だから、その感想を否定することは出来ない。
ときには誹謗中傷、名誉毀損レベルで言われることもしょっちゅうです。でも、だからと言って、その発言に全く根拠がないかと言われるとそれも難しい。しっかり読み込んだ上でそう思ったのだとしたら、何とも言えない現実もそこにはある場合もあるんですよ。

んなもんですから、何が言いたいかというとですね。
だから私は今回の空想科学祭には作者参加しないのです。

私の作品がなんと言われようが我慢できるのですが、感想を読む人が我慢できるとは限らない。企画ですしね。
今回は希望もあって、通常の感想掲示板と辛口専用の感想掲示板を設けることになったのですが、私の作品に寄せられた感想を辛口だと言って辛口専用の感想掲示板に移すとき、客観的に辛口なのかどうか判断が難しいというのが最大の理由です。
また、誹謗中傷レベルのモノについては削除すると前回書いたにもかかわらず、自作品が混じっているために客観的判断がなかなか出来なかった。結果、中傷レベルと思わざるをえない感想もそのまま残さなければならなくなってしまったんですね。
これはかなりの弊害でした。
こうなったらもう、客観的に判断できる人員を確保して、私はサポートに徹するしかない。で、委員会形式になったわけです。

今後企画が開始されるまでまだ時間がありますけど、「なんで作者参加しないの」と言われたら、上の通りに答えていくつもりです。
私はSFが好きだし(でも、マニアってわけじゃない。かなり無知です)、みんなとわいわいやりたいし、良作とも触れたい。だから企画はやります。
企画の楽しみってのは何も、作者として参加することだけじゃないです。
読んで感想入れていくのも一つの楽しみ。私はそこに力を入れていきたい。

またうるさい批評が(私以外からも)飛ぶかも知れませんが、企画という有意義な現場に集ったのだから、何かしら収穫があって欲しいと思ってのこと。
誰から何を書かれたとしても、そういう考えもあるとスルーできるくらいおおらかな気持ちで挑んで欲しいな、などと、無理な注文をこっそり付けたいと思います。


……って、どんだけの人がこの文章読むんだろうか。
とか、考えるだけ無駄か。

拍手[2回]

創作談義のエッセイも終わりましたんで、そういう呟きはこちらのブログでもしていこうと思います。
元々ブログネタの整理にSPICY書いたのが始まりだしね。

まだ途中なのですが企画作品を読みあさっていまして、ふと色々考えることがありましたので健忘禄がわりに書いておきます。

企画作品、全部読むか全部読めないかになってます。これはやる気とテンションの問題なだけです。
結局ギフトは一作も読めず。これではまずいと5分制覇に挑んでます。(あとちょっと)
それで、私は誰の作品だろうとずけずけ書くわけなんですけど、別に作者毎に差別してるわけじゃない、思ったことを素直に書いていたんです。自分の書いた感想が浮くのはもうどうしようもないことだとして、気になった点がいくつか。

やっぱり、友人の多い作者さん、有名な作者さんの方がコメント付きやすいんですよね。
全然聞いたことのない名前でもかなり面白いと(勝手に)思った人もいたんですが、全作制覇の人くらいしか感想入れてないのもあったし。う~ん、こういうのってどうにもならないんだなぁと勿体ない感じがしました。
企画常連になれば否が応でも有名になりますけどね、有名=上手いとは限らない。
面白い話を書ける人が人気者ってわけじゃなくて、人付き合いの好きな人には人が集まるってことなのかな。感想欄見てそんな感じがしました。
別にたくさん友人がいるのをひがんでるわけじゃないんですよw(←少ないけど)

コメントと評価点がたくさん付けばその分だけ目立つから面白いんだろうなと思いきや、あれ、やっぱり馴れ合いなんだと思ってしまうのが悲しい。WEB小説ってのはそういう弊害がどうしても起こりうるから泣けてくる。
どうにかして面白い作品の基準を客観的に抽出できないものかと色々試行錯誤するのですが、私の思う面白いと他人の思う面白いが合致しないのだから結局意味がないわけで。
素人小説にそこまで躍起になるなよと言われればそれまでですね、ハイ。

でも、やっぱり主催さんが気合い入れまくってたおかげも会ってか、相当他の企画に比べてレベルが高かったと思いました。地の文にしただけで会話文の流れと一切変わらない作品もありましたが、これは主催さんの意にそぐわなかったのではないだろうかなどと勝手に推測。
それにしたって、全員作品提出できたってのは流石。
SF企画じゃこうはいかないんだろうなぁ。いや、そんなことないですよね。皆さん、落としませんよね。

基準がそれぞれなので、絶賛のみってのは少なかった。
もっと上手くなりたいと思う人が多いからか、痛いツッコミが多かったようにも思います。
ただ読んで楽しいだけじゃなくて、研鑽できるのは嬉しいですね。

……とまあ、雑感です。
あと5作品残したまま、今日はだらだらと過ごしてしまいました。また時間の合間を見て読もうと思います。

拍手[1回]

前記事、おっさん企画について、諸所から様々な反応が出ているようです。
まぁ、WEB小説の大きな括りから見ると、本当にちっさい事なんだと思うんですよ。多分、このブログを目にする人の大部分が知らないこと。(なろう関係者以外の方のほうが多く覗いている模様)
だけど、そこの利用者からすると、それなりに大きなことのようで。
当たり前ですが、どういう規模でさえ、あいてに「危害」を与えたということになっているようです。

僭越ながら、私は死に物狂いで「砂の記憶」を書き上げました。
SF企画が参加者締め切り間近になっていて、サイトを開催後使用に再構築したり、作者リストや作品リスト、投票用のアンケート作りから、参加作者様へのメッセ送信。その合間を縫って、「企画掛け持ちしてるから大した作品投下できんのじゃ」という意見の出ないよう、じっくり推敲してまいりました。
企画はあくまで、私の趣味である「おっさん萌え」を押し付けない程度に匂わせ、かつ、企画意図としてある「おっさんを登場人物に出す」「1万時前後」を守ろうと真面目に書かれたものです。
投稿についてですが、「おっさん企画」の参加ということで、そこの参加要綱を遵守した次第です。

短編新着を埋める、という行為が、どれほど愚かしいかという点について。
新着なんてもんは、次の日の新着で埋まれば消えてしまう、はかないものです。本当に数時間の出来事ではなかったでしょうか。24日と25日の新着がほぼ「おっさん企画」で埋まったのは。
作品の質が悪かったかどうか。
ただ、「埋めればいい」意図として出されたのであれば、どんな作品でもよいわけで。
私は上記の通り、必死でした。
企画参加のお声が掛かった時点ではSF企画との掛け持ちが出来るか自信なく、とりあえず半分くらい書き上げてから参加表明(しかもギリギリ)したという経緯もありまして、恥ずかしくない作品に仕上げなければというプレッシャーもありました。
要するに、本当に真剣に取り組んでいたわけです。
偶々、「おっさん企画」は短編リストジャックという名前の一斉投稿形式でしたので、企画外の方のログが流れてしまったのですが、決して何でもよい作品を投入したというわけではありませんので悪しからずご了解いただきたいと思います。
寧ろ、「私の今の力を最大に発揮してみました短編」しか、私は投稿しません!
というか、どのような場合でも全力です。

新着流された人も、そこまで被害を受けたのでしょうか。
真に問題視されるべきは、そこです。
新着という、普段は停滞することのない場を、わざわざおっさん作品からリンクさせたというのは、謝罪の一つとしては受け入れられませんか。だとしたら、どのようにすればよろしかったのでしょう。

偶々知らない土地に来て、その日がそこのお祭りだったことがあります。旦那の実家からの帰宅途中です。
やたらと浴衣のねえちゃんがいて、みんな同じ方向に歩いていくんですよ。面白かったですよ。何があるんだろう、なにがあるんだろうって。
そうしたら、そこのお盆祭りでした。盆踊りしたり、屋台囲ったり。
すごい車が渋滞してて、知らない私たちは頭に来ましたが、事情を知ると「なるほどね~」「楽しそう」という気になりました。

今回のおっさん企画は、そういう類だと思っていました。
偶々目にした人が、「くだらない企画真剣にやっている大人がいるよ!」と、笑う。そんなもんかなと。
祭りだと渋滞して困る、目障り、という意見が、やはりあるのも事実です。皆の目に触れるように「祭りの告知」をすべきだ、と言う意見があるのは尤もであるような気もします。

ですがどうでしょう。
私の主催する「空想科学祭」さえ、知らない人は知りません。なろうのTOP告知だって、未だ春の競作企画になっているわけですから、秋に大々的にSFではしゃごうなんて事を知らない人も多いはず。なろうの登録者は27000人以上いらっしゃるわけで、その中の何割がSF企画を知っているでしょう。多分、半分にも満たないと思いますよ。どんなに告知したって、知らない人は知らないんです。
町の広報を、目を皿のようにして見ていますか。
新聞記事は、全部目を通しますか。
大事なことは確かに、メディアを通じてお知らせします。
が、そのメディアに無関心であれば、やはり無知ということになるのです。
つまり、どんなに必死に告知しても、知らない人から見れば9月1日にSF作品を一斉に投稿されたのを見て、「SFがなろうを占拠した」と思うかもしれません。祭りとは得てしてそのようなものです。

今回は秘密裏に進められた企画ゆえ、なろうご利用者の方で偶々「おっさん企画の並ぶ様」を目にした方もいらっしゃるはず。
そんな方が、「へぇ、おもろいことを考えているやつがいるな」「くだらないことをこんな大勢で何考えてんだ」と、鼻で笑って、そんで作品を読んで、「変な企画名の割りに、作品内容はなかなかのもんじゃないか!」と舌を巻く。そんな光景がまったくなかったといえるでしょうか。

屁理屈で申し訳ありません。
私はそのような人間です。

「自分たちが楽しめばいいの?」
「結果的に、被害を受けた人たちに対して謝罪しないの?」
ちょっと待って!
その思考、ちょっと短絡的過ぎやしませんか。

ここの「小説家になろう」さんの利用規約に短編を一斉投稿しないでというくだりはありませんし、管理者のウメさんのブログにも禁止の文言はありません。
もしかして、利用者のごく限られた人数が「実際の被害を確認せず、『被害があると仮定して』騒ぎ立てているとしたらそっちの方が問題では。
だって、基地の書き込みは、匿名ばかりで本当にログを流された人間がどれほど不快な思いをしたかなんて書かれてなかった気がするんですよ?
正論を書いているつもりになっているとすれば、それは問題です。
正いか正しくないかなんて、書いた人が決めるんじゃなくて、ウメさんが決めることです

2ちゃんねるの悪意がどうのというのに関しても、自分はROMってますが、よく行きます。
SF企画中傷されてねぇかなという気持ちからですが。
全員が全員やなヤツじゃないこともよくわかるし、匿名だとキーボードを打つ手が停まらないのも了承済みです。

が。

叩きはよくない。
知らなかったのは、今回の企画が初めてでしょうか。他にもタイトルの頭に「○○企画」となかっただけで、知らないうちに企画が進められ、短編リストが埋められたことはなかったのでしょうか。
それこそ、行政側から言わせれば「広報に」「新聞に」「HPに」で済まされるような問題ではなかったか。
企画サイトのない企画は叩きの対象ですか。
べつに、1晩限りのために企画サイトは立てないでしょ、普通。

文句があるなら、メッセを使えばよかったのでは?
IPがバレちゃまずいんでしょうか。
評価欄を空けていたら、そこに「おっさん企画とその参加者に対する誹謗中傷を書き込まなかったという確証」はありますか。
評価欄を閉じたのは、直接的な書き込みでまったく知らずにその評価を見た人が不快感を覚えることを避けるためだったとしたら、それは利用者への配慮にはなりませんか。

人の気持ちなんて、企画の意図なんて、伝えようとしても伝わらない人には一切伝わらない。
それが世の常です。
いちいちなんでも目くじら立てればいいだなんて、そういうことを考える連中がいずれモンスターペアレントみたくなるのだ。

誰かの気持ちを察し、誰かのために十分な配慮をする。
その上で、自分たちの目的を達し、皆で楽しみを分かち合う。
それじゃ駄目だということになれば、企画なんて立てられませんよ。

さて、一応、謝罪しておくべきなんでしょうか。
悪いことをしたとは思っていないのに頭を下げるのは聊か合点がいきませんが。
仕事ではよくあることなので。

大人気ないことをして、どうもすみませんでした!
おっさんを誹謗中傷しているのではなく、わたしが「おっさん萌え」だから参加してみましたという次第です!
世の中の頑張っているお父さんたちの背中を、私は全力で応援しています!

そして、運悪く24日に投稿してしまった皆さん、SF企画でもログが流れると思いますので、宜しくお願いします!
9月10月はいわば、「SFジャック」を行うことになりますので、知らなくてもご了解いただきますようにお願いします!

反省してませんか。そうですか。
言ってもらえばすっきりするのかと思ってましたが、そうではありませんよね。

企画の目的が「ジャック」だからといっても、そうでなくても、ログが流された人に対して謝罪するべきだというなら、私はいくつもの登録作者にこれから謝りにいかねばならなくなりますので、このような問題に対して過剰反応すること事態やめていただきたい。それだけです。

それから、おっさん企画の一部の人間を吊るし上げて怒りを撒き散らすのはどうかと思います。
参加者の一人にSF企画主催の天崎剣の名前があるのですから、「こんな企画に参加するやつがSF主催かよ」という叩きがないほうが不自然です。
あると思って逐一チェックしていたのに……、SF主催というだけで叩きの対象から外されるんだとしたら、他の参加者の方に申し訳なかとですよ?

以上。

苦情は、メッセ、WEB拍手でも受け付けております。
ここのブログにコメント残していただいても結構です。
今後の参考にさせていただきます。

拍手[0回]

 お世話になっている投稿サイトさんは、実は結構規模が大きいんですよ。3万作品以上を掲載しているところなんです。その中から更新作品や短編作品をチョコチョコ読んでは感想ブログを書いている人がいらっしゃるわけなんです。
 私は見ての通り、のんびりマイペース執筆なもので、短編なんて必要に迫られないと書いたりしませんから、今までそういったブログの網にはかからなかったみたいなんですね。
 そういうところのレビュアーの方って、めちゃシビアで、バシバシ本音を書いている。

 ああ! 羨ましい!

 
と、素直に思います。何がって、感想を書くそのシビアさじゃなくて、書かれるほうがですよ。
 何気なしに投稿した文章を、己の知らんところで丁寧に読み砕いてくださるんですよ。羨ましいことこの上ない! だらだら長編書きにはまず、ありつけないごちそうだよな~と思います。
 ブログ管理人の殆どの方が学生で、時間もたっぷりあるわけですから、毎日更新なんてザラ。そのやる気にも感服しますが、読み続ける忍耐力も素晴らしいと思います。私も、企画主催してなかったらやりたかったなぁと思ったほどです。(絶対やりませんが)

 作品に評価や感想を付けてくださる方、掲示板に感想残してくださる方もいらっしゃいますが、殆どの方は読んだら読みっぱなしなんですよね。自分も含めてですが。
 感想なんて、余程感動したものにしか残さないのが常なのかも。だけど、やっぱ、書いてる側からしたら、辛辣でも辛口でもぶった切りでも何でもいいから、感想がほしい! 怖いけどほしい! と言うのが本音じゃないかな。それで凹むのなら、作品を晒さないのがベストですよ旦那と言うレベル? ……言い過ぎか。
 まあ、どこかしこで語っていますが、人に読んでもらってその人がどこぞに感想残してくれるのに、甘口がいいだのお手柔らかにだの、そういうのはネットでは通じないんじゃないかな。感想書きますよ、読みますよ、と言う人に、「じゃあ、この辺掘り下げて読んでもらえますか」「○○付近の矛盾点があったら教えてほしい」などと今後の展望も兼ねてお願いするのは理解できるんです。でも、「萌え感想ください」「辛口厳禁で」みたいなニュアンスで頼んでたりすると、「をい!」とか思う。
 何、甘ったれてるんじゃ。世の中常に戦いなんじゃ。誰かと、自分と常に向き合ってるんじゃ。甘い甘い蜜ばかり吸ってたら、そのうち虫歯になんだよ! とか。口には出さないけど、思います。(って、書いちゃった。まあ、口には出してません。読んでないから)

 読みたい人が感じたことを素直に伝えるのが感想のいいところ。読み手は万人、思うところも感じるところも違って当たり前。書き手の主張や思惑なんて、大抵通じない。
 ──まあ、そういうのがきちんと通じるようになったら、物書きとして上達したと思って諸手をあげて喜べばいいんじゃないかなァ。

 まあ、何がいいたいかと言うとですね、短編をここ半月ほどかかって書いてるんですが、投稿したら、そういうブロガーの目にも止まるんですよね。タイトルとか、ジャンルとかまで突っ込み入ってたので、うかうかしてらんねーなと。ただでさえプライベートでもネーミングセンス微妙なのに(子供たちの名前を言うと大抵微笑まれます)、こんなところで躓いてちゃ駄目だ! もっと積極的になるんだ! 大丈夫だと自分を信じろ! などと、オリンピック前のアスリート並みの変なテンションになってしまうんですよ。(迷惑ですね)
 まだもうちょっと掛かりますが、何とか完成するかにゃ~。
 虚空の書き直しが全然進まないのと、SF企画用の新作が真っ白なのはもはやどうでもい(ry
 嘘です! 頑張ります! なるべく!

拍手[0回]

 SF企画のために、SFネタを考えているはずなのですが、思いついたのはSFとは全く関係ないネタでした。ドンだけ関係ないものかというと、どこに「サイエンス」要素があるのか全く思い当たらないくらいです。
 書きたいもの=書かなければならないものではないので、このネタはそのままお蔵入りか、もしくは形を変えて何とかSFに持っていくか、はたまた、企画とは関係なく書いてしまうか、どれかでしょうね……。

 何かに影響を受け、いきなりビビビッとくるときはよいのですが、世の中そうそう上手くはいきません。大抵は、どうでもいいことから考えを派生させ、気が付いたらネタが出来上がっていた、というのが多いのではないでしょうか。

拍手[0回]

 拙作虚空の惑星の批評を某サイトでしていただきました。前々から何名かの方に批評をお願いしていたのですが、あとお一方ももう少しで読み終えられる様子。コレを機に、大々的に書き直ししたいなぁと思っています。
 SF祭りまでまだ時間がありますし、出来ればそれまでの間に虚空の惑星も終了させたい(希望)ので、どうせなら一からやり直すか、と。
 それはもう、1話からがらっと変更させていただこうと思っております。下手したら、エピソードごっそり撤去とか、がっつり追加とか、色々やりそうです。今までお読みいただいた皆様、申し訳ございませんm(_ _)m

 虚空~は、96年ごろから書いている作品なので、文章力も知識もどんどん変わってきていて、直すのも正直しんどかったので、手直しは語尾や簡単な描写の追加にとどめていました。が、どうやらそういうわけにもいかないみたいなので、思い切って全部書き直そうと思います。
 10万字を優に超えてしまっているので、書き直すったら、めちゃ時間掛かりそうです><。
 でも、やっぱり悔しいもんね。なんとかしなくちゃね。

拍手[0回]

 書き溜めていたネタが尽きましたね(遠い目
 SPICY更新予定日です。本日は、同時掲載でお送りします。

 仕事を再開して、殆ど自分の時間が取れなくなりました。元々、夜中にコッソリ~していたのですが、寝不足になると次の日の仕事に支障が出るため、ゆっくり休まねばならないのです。結果、更新停滞・・・・・・。
 楽しみにしていてくださる(らしい)読者様との交流もとても楽しいので、本当はどっちも頑張りたいのですが、私は創作者である前に一人の人間なのだなぁと思ってしまうことが多々あります。

拍手[0回]

 小説の対象年齢表示を少し変更しました。
 もしかしたらPG-12どころかR-15なのかしらと悩んでしまう作品もあるので、ご意見ある方はどうぞ~。即刻直します(涙

 前々から対象年齢についてはかなり気をつけていたんですけど、いざ表示を付けてみると違和感アリまくりで、自分の認識と他人の認識の食い違いなどがどれくらいなものかと悩んでしまうのです。参考は、自作小説用・自主レイティング・マーク(仮)さん。勉強になります。

拍手[0回]

 去年のこと、ゆるゆるに運営していた携帯サイトを検索サイトに登録したら、BBSにやたらと宣伝書き込みがなされるようになった。最初は「まあ、登録したてだしな」と高をくくっていたが、どうやら違う。書き込みのペースはどんどん上がっていく。頭に来たから、「宣伝書き込みお断り」のような文字を掲示板上に載せた。すると、ぴたりと止まる。
 PCサイトではありえない状況に、私はしどろもどろしたが、あちこちの携帯サイトを巡っていくうちに、「宣伝掲示板」なる、不気味な存在を多々目にするようになり、徐々に納得した。
 この、宣伝掲示板というのは、携帯サイト独自の文化みたいなもんか! ……と。

拍手[0回]

カウンター
webclap
拍手絵はお持ち帰り可。転載転用はダメですよ。
ポチッと押してくださると元気が出ます
最新CM
[07/14 李仁古]
[05/15 天崎]
[05/13 檀 敬]
[05/11 天崎]
[05/10 檀 敬]
プロフィール
HN:
天崎剣
HP:
性別:
女性
趣味:
モノカキ
自己紹介:
4児のママです。
仕事しながらコツコツ小説を書き、絵を描いています。
更新は遅め。
返信等遅れる場合有り。ご容赦ください。
メールフォーム
ご意見ご感想はこちらまで☆
pixiv
Twitter
天崎剣管理サイト一覧
SF企画<空想科学祭>2010参加者募集中!
↑昔発行していた同人誌の通販ページや画像投稿サイトなんかのマイページ。 どうぞいらしてくださいね~。
小説一覧/更新順
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ