忍者ブログ
Fantastic Cafeの更新日記/CG講座/創作談義
Calendar
<< 2017/06 >>
SMTWTFS
123
4567 8910
11121314 151617
18192021 222324
25262728 2930
Recent Entry
Recent Comment
Category
81   80   79   78   77   76   75   74   73   72   71  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

以前の記事を読んで、「?」と、自分で首を傾げてしまったので、同じテーマで書き直し。
やっぱり、日が経つとだんだん粗が見えてきますね(涙)

拍手[0回]


 何のために小説を書こうとするのか、どういうときに、書きたいと思うのか。
 きっちり、自分の中で整理しないと、どんどん話がそれてきたりしませんか?

 短編小説なんかだと、ここって決めたらそこだけ書けばいいからいいのかも知れない。──だなんて、高くくってると、酷い目にあいます。短い中で、どれだけの要素を盛り込み、どれだけ相手(読者)を納得させるかっていうことになると、案外難しいものなんですよ。

 一応、短編も長編も書いてきたので、自分の経験ベースに書きますね。

 私は、書きたい場面や台詞があって、そこからストーリーを展開させていく手法を取っているのですが、そうじゃなくて、書きたいシチュエーションだとか、世界観が先行している場合、特に、主張不足に陥りやすい気がします。元々、雰囲気で物語を構築しているので、極端に言うと、「だらだらしてしまう」恐れがあるんです。
 創作活動って、結構、何かに共感して、いきなり「書きたい!」「作りたい!」っていう気持ちが湧き上がって、勢いでやっちゃうことがあるじゃないですか。私の経験上、それはかなり高い確率で失敗します。第一、なにがやりたいのか決まっていないのに、どこを目指して進めばいいのかわからない。目的もなく突き進んだら、誰だって遭難しますよ。終着地があるからこそ、やり続けられるんじゃないんでしょうか。

 初心者は往々にしてそういう状況に陥りやすいので要注意。せっかく書くんだったら、まず、メモをとるなりして、論点を整理するところから始めたほうがいいかもしれません。キャラクターや世界観、シナリオと同時に、これから書き始める物語の行き着く先、「主張」や、主人公、または重要人物に必ず喋らせたい「重要な台詞」を書き留めておくだけでも、随分違うと思うんですよ。

 まずは、訴えたいこと、テーマを決め、それからシナリオを練っていく、または、シナリオを練るなかで、テーマを色濃くしていく。文章として書いてしまえば、「あたりまえじゃないか」といわれてしまうかもしれませんが、そういうのが一番大切なんですよね。

 漫画だって小説だって、読んでいて面白いと思う作品には、何かしらテーマが眠ってる。直接的じゃなくても、作品全体を通して、作者のメッセージが盛り込まれている。
 例えば、普段見ている漫画や小説、ドラマや映画のなかにどんな主張が盛り込まれているか、普段から意識して見てみるのはどうでしょう。30分の子供向けアニメ番組でさえ、起承転結の中に、主張がある。それがどんな些細なことであったとしても、主張、テーマのない作品と、ある作品では、受け取る側の印象は全くと言っていいほど、変わってくるのです。

 惰性で書いている物語は、読んでいる方も苛々します。
「結局、何が言いたいわけ?」
 だなんて、言われてみて下さい。悔しいですよ。
 読者側も、時間をかけて読むからには、作品に何かしらの「感動」を求めているはずです。せっかくの貴重な時間、文字の羅列を与えられただけで、何も感じなかったとあっては、救われませんよね。

 また、主張、テーマには必ずしも結論をつける必要はないと思います。
 確実に「こうしなければならない」だなんてことは、世の中にはありません。「考えるきっかけ」としての作品だって、たくさんあります。
 恋愛ものなどでは、「人を愛すること」について延々と綴られているわけですが、「恋愛の形」は、人によって様々です。シチュエーションによっては、「愛すること」が禁じられていたり、「愛すること」によって、誰かが傷つくことだってある。主人公ないし登場人物の選択肢は物語の通りだが、他にも方法があったのじゃないか、なんて、よく、恋愛ものを見た後には思いますね。それでいいんじゃないでしょうか。
 結論はあえて出さない、あとは、読者が続きを考えてください、と言う方法も、ありです。
 確実な答えのない問題に、無理に答えを用意するのは、かえって、不信を招きます。押し付けがましい、と、思われかねませんからね。

 私としては、読了後、心に残らない話は嫌だなぁ。せめて、「アレはなんだったのか」「作者のメッセージが強烈に伝わってくる」話を書きたいなぁと思います。
 別に、特別に知識のある人間ではないですし、発想もどちらかというと、貧困かも知れないですが、「私の書く話には、主張がある!」と胸を張って書けるようになっていきたいものです。

PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック
この記事にトラックバックする →
カウンター
webclap
拍手絵はお持ち帰り可。転載転用はダメですよ。
ポチッと押してくださると元気が出ます
最新CM
[07/14 李仁古]
[05/15 天崎]
[05/13 檀 敬]
[05/11 天崎]
[05/10 檀 敬]
プロフィール
HN:
天崎剣
HP:
性別:
女性
趣味:
モノカキ
自己紹介:
4児のママです。
仕事しながらコツコツ小説を書き、絵を描いています。
更新は遅め。
返信等遅れる場合有り。ご容赦ください。
メールフォーム
ご意見ご感想はこちらまで☆
pixiv
Twitter
天崎剣管理サイト一覧
SF企画<空想科学祭>2010参加者募集中!
↑昔発行していた同人誌の通販ページや画像投稿サイトなんかのマイページ。 どうぞいらしてくださいね~。
小説一覧/更新順
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ