忍者ブログ
Fantastic Cafeの更新日記/CG講座/創作談義
Calendar
<< 2017/06 >>
SMTWTFS
123
4567 8910
11121314 151617
18192021 222324
25262728 2930
Recent Entry
Recent Comment
Category
67   66   65   64   63   62   61   60   59   58   57  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あちらこちらのWEB小説をつまみ食いするこの頃、ふと思う。
「他人に見せる文章じゃない」作品……。
それって、ただの自己満足だよね???

書いている自分さえわかればいいんだ、と、あからさまに主張している作品がある。
話の筋、アイディアが面白い! と、思って書くのだろう。
それもまたよし。私だってそうだ。
だけど、それを書きなぐるのと、作品として仕上げるのとは、全く違う。

拍手[0回]


直接的に本人に言える機会があったら、注意すべきなのか、それとも、このまま「痛い人」として放置した方がいいのか、良心すら疼くが。(なまじ、仲良くしていただいている方なので特に)
まあ、それはさておき。


真摯に何かを訴えかける、または、きちんと場面を説明し、相手によりわかりやすく伝える努力をする。
当たり前のことだが、案外出来ていない現状がある。

実際、読者層が全体的に若いのか、幼いのか、という点にもよるのだろうが、表向きの面白さ(あらすじとしての面白さ)だけで判断して、本質(物語としての主張)に重点を置いていない作品でも、簡単にもてはやされてしまう問題点が、あげられる。
面白ければいい、楽しければいい、という、素人的甘えが蔓延し、作者も読者もそれを許している。
駄文であれなんであれ、「読んでね♪」などと書かれると、思わずクリックし、「おもしろかったですぅ~」などと、社交辞令の感想を言い合っているから、いつまで経っても上達しないのだと思う私は、多分、彼等には嫌われる存在だ。

ある程度はそれでいいのかも知れない。
書き始め~ある程度書きなれてきた、くらいまで。それなら、褒めて伸ばす方法は有効だろう。
しかし、年齢・経験を重ねたものが、「ただ書く」だけの姿勢でよいのか? と、私は疑問を投げかける。

ムカムカしないのか?
もっと、上達したくないのか。
感動を呼びたくないのか。
叫びたいことが、相手に届いているのか。
その表現は、有効か?
相手に読んでもらっている、という気持ちを忘れていないか?
相手に伝えようという、努力を怠っていないか?

自分の書いた文章を3日後に読み直して修正したくなる、その気持ちがわかる人は成長する人だと、私は勝手に思っている。3日も経てば、成長する。3日間の経験値が、3日前と同じだと言うなら、そいつはレベル上げを怠ったやつだ。
どんなに納得のいく作品だ! と、世に出したとしても、少し間を置けば、「あそこ、こうするべきだったのに!」とか、「言い回しおかしいじゃん、直さなきゃ!」などと、執筆時には思ってもいなかった点に気が付いたりする。
そうあるべきだ。

だから、推敲しないでドンと、作品をアップロードしてしまうというのは、ノートの殴り書きそのまま、人に見せるのと同じなんじゃないかとさえ思う。
誰も指摘しないから、わからない、では済まされないと、思うのだが……、残念なことに、社会の常識=WEBの常識にはならないらしい。

もちろん、小説の書き方というのは、一人一人違って然るべきもの、絶対などありえない。
しかし、ルールはある。

冒頭下げ、疑問符・感嘆符の後の1字空け、3点リーダ・ダッシュの二マス使用、人称の統一。
最低これくらいは何とかして欲しい。
そんなに難しい欲求じゃないと思うんだが……、だめなのか。
気にならないなら、スマン、私が気にし過ぎだったんだ。

それから、私の読みたいのは、短くても長くても、「小説」であって、「あらすじ」や「シナリオ」「ト書き」じゃない。
残念ながら、違いがわからず、混同している人が少なくないようだ。
「小説」と銘打ち、公共の場で発表しているのであれば、最低限「筋書きやオチに囚われない、全体を作品として読ませる術」を身に付けて欲しいと思う。

起承転結さえ揃っていれば、「小説」である、なんて勘違いも甚だしい。
文章でなければ、物語でなければ伝えることの出来ないものがある、だからこそ書く、のではないのか?
漫画や映像作品では表現しきれない、内面の葛藤を、何故もっと描こうとしないのか?


ケータイ小説も痛いが、それよりももっと痛い作品がWEB上に潜んでいる。
ヤツの正体が何なのか、知っている人も、そうでない人も、せめて自分の作品だけはそうならないように……していただきたいものである。
PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
肩の力を抜きましょう。
天本さん、お久しぶりです。
もっともな話です。

私自身、最近は殴り書きでしょう。
自由に書く場合に、時間が無い、忙しい、などと言ったことは「完成度」に影響しないですから。
ただ単に次の日に持ち越せばいいわけです。
〆切があったって、投稿後の自主的な推敲は可能でしょうし。
私はサイトの改装するときくらいしか昔のものを入れ替えませんが、頭の中では常に「アレのどこが失敗だった」と日々考えているつもりです。

文章フォーマットも「基本」があってこその自由度はいいと思うのです。
知人周りが言っている例では、「○○先生がやっているから、大丈夫。」なんてこともあります。
彼らは「基本」も知らず、なぜその先生が自然にフォートを崩せるかすら理由を知らずに真似ていることでしょう。
最低限、作文の書き方くらいは守ってほしいと思います。

文章が「小説」として成立するか否かは、私にも痛い話です。
自分自身、殴り書きや粗筋を載せていると思っている節があります。
「書けば良いのではない」と分かっていても妥協の産物となっています。
訴えたいテーマを持てるかどうかで全て変わってくるのでしょうね。

昨今ストーリーのテンプレート化状態が甚だしいと思います。
「こう言う流れで書けば無難に収まる」みたいな。
誰も思いつかないことを考えても徒労に終わる事は分かるのですが、せめて、自分にしか描けないなにかを一つでも詰め込んでいきたいと思います。

最近「他人に読ませる」ことを意識していないわけではありません。
夏・冬の即売会に出るのを止めています。
私は厳しい門を叩く勇気が無いので、即売会の創作で誰も買って下さらないことを据えて頑張っているつもりです。
もし来夏に当選したら、既刊本を全て捨てて書き直すつもりでいます。

話が前後しましたが「随想と小説の区別をするべきだ」と言うことを、もっと考えてWeb小説が区分されたら良いのにと思います。

…… 纏まらない文章ってこう言うのが見本だな、恥ずかしい限りです。
2007-11-02 Fri 15:50
無題
勇城さん、お久しぶりです!
最近はそちらにお邪魔できずすみませんw

どうも、近頃あちこちのサイトを巡っていて思うことなので、溜めているだけでは駄目だと思い、夜中書き綴ってしまいました、今回の記事。色々思うことがありすぎて、私もちゃんと伝わっているか不安なのですが……。

以前は紙媒体でしか発表出来なかったため、必死に練っていた文章も、昨今は、インターネットを使えば簡単に世に出すことが出来る、それが「小説とはいえない文章でも簡単に『小説』を名乗り、世に出てしまう」原因なのではないかと、わかってはいるのです。
実際、私も、紙媒体の活動を中止せざるを得ず、(家庭事情から、ですが)オンラインのみで執筆していますから、その手軽さはよくわかっています。

ですが、だからと言って、何でもよい、とはいかない。読者を想定しての執筆がどこまで行われているのか、疑問符が残る作品が、あまりにも多いのです。

勇城さんのおっしゃる通り、
>文章フォーマットも「基本」があってこその自由度はいい
と思います。
基本を知らなければ、応用はないわけですからね。
本すら読まない人が、いきなり本格的な文章を書けるわけがない。

>「こう言う流れで書けば無難に収まる」
↑わかります……、ありますね、確かに。
凄い展開にしたい! と思っても、ストーリーのオリジナリティにも限界がある。あとは、
>自分にしか描けないなにかを一つでも詰め込んでいきたい
という、勇城さんの意見に賛成です。
書くからには、独自のものを、ですね。

>自分自身、殴り書きや粗筋を載せていると思っている節があります。
短編を書くようになって思うのですが、あらすじから如何に物語りに持っていくかってのは、結構難しいですね……orz
自分の弱点を知れば、少しずつでもレベルアップできるのではないかと思います。
ちなみに、私は某所の寸評で、「読ませる工夫がもう少し必要」みたいなことを書かれました……。文体をもっとなんとかしないといけないみたいですよ……。

>「随想と小説の区別をするべきだ」と言うことを、もっと考えてWeb小説が区分されたら良いのに
というのは、しっかりと書き込まれた小説とそうでないものとの区別を、どこかでしてくれないかなぁということですか? だとしたら、私はそれに賛成です。
ランキングサイトから飛んでも、「……おや? 期待と違う?」ってのがあるので、何を信用して作品を選べばよいのか……。
やはり、自分好みの作品と出会うには、あちこち点々と自分の力で開拓せねばならないのでしょうね……。
2007-11-02 Fri 16:34
天本
誇り
全く以ってしかり!

だと私も思いますねぇ~
まあ、そんなに突き詰めて考えたりはあまりしませんが。
ハラワタが煮え繰り返って、仕方がないので(笑)

ネットが普及したことで、「誰でも小説を書ける自由」ができ、それが当然のことになって、真摯な態度で臨むことを忘れてしまったのかもしれませんね。

書けなくなったら辞めればいい。
面倒になったら閉鎖すればいい。
そんなところでしょう。


あるいは一生懸命になることを怖れているのかも。
難しい現実です。
2007-11-04 Sun 15:54
青葉
埃? 誇り?
>青葉さん
ハラワタ煮えくり返りますか(笑
私も時折そうなりますw
あんまり考えないように、と思っても、我慢出来なくなるくらい、酷いものがあるのですよ……。
初心者や低年齢層の方の一生懸命さは見ていてわかるのでよいのですが、やっぱり、ある程度熟した方にはやって欲しくないこともありまして。
>一生懸命になることを怖れているのかも
↑本当に、そうですよね。
面倒なんでしょうね。
一生懸命は、決してかっこ悪くない! って、言いたいんですけどね。
2007-11-05 Mon 14:21
天本
トラックバック
この記事にトラックバックする →
カウンター
webclap
拍手絵はお持ち帰り可。転載転用はダメですよ。
ポチッと押してくださると元気が出ます
最新CM
[07/14 李仁古]
[05/15 天崎]
[05/13 檀 敬]
[05/11 天崎]
[05/10 檀 敬]
プロフィール
HN:
天崎剣
HP:
性別:
女性
趣味:
モノカキ
自己紹介:
4児のママです。
仕事しながらコツコツ小説を書き、絵を描いています。
更新は遅め。
返信等遅れる場合有り。ご容赦ください。
メールフォーム
ご意見ご感想はこちらまで☆
pixiv
Twitter
天崎剣管理サイト一覧
SF企画<空想科学祭>2010参加者募集中!
↑昔発行していた同人誌の通販ページや画像投稿サイトなんかのマイページ。 どうぞいらしてくださいね~。
小説一覧/更新順
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ