忍者ブログ
Fantastic Cafeの更新日記/CG講座/創作談義
Calendar
<< 2017/09 >>
SMTWTFS
12
3456 789
10111213 141516
17181920 212223
24252627 282930
Recent Entry
Recent Comment
Category
87   86   83   85   84   81   80   79   78   77   76  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 行きつけの某所にて、またもや大変なことをしている人を見かけた。
 特定個人の誹謗中傷にならないように、言葉を濁して書きますので、詮索はご遠慮ください。
 どうしてもわかってしまった人は、心の奥底に止めて置いてくださいましね。

拍手[0回]


 その人は、きっと、認められたくて、そこにいるのだと思う。そこにいれば、褒めて貰える。誉め続けられたくて、きっと、そこから出たくないんだろう。
 しかも、その人は、ずっとそこで、注目され続けたいとも思っている。そのためになら、どんな手だって使う。そういう人らしい。

 私は残念ながら、この人の書く文章は好きではない。なんだか独りよがりで、読者に優しくない。句読点も少なく、独特の言い回しは、くどい。それが好きな人も多いのだろうが、どうも、好きになれないでいる。

 文章を書くのは好きなんだろう。話を考えるのも、好きなんだろう。
 だけど、それは、文字の羅列で、高揚する感情を、そのままぶつけているようにしか見えないときがある。

 特に、私は、作者の人となりを見、そこで、判断してしまうところがある。作品には、その人の性格も生き方も、全部反映されるのだから、まず、その人がどのようなひとで、何を考えて小説に向かっているのか、知りたいと常に思ってしまう。
 それゆえ、かの人が、せっかくの読者の感想さえ、自分に対して評価が低いと踏みにじるような行為を繰り返し、ましてや、「こんなことを書く(私を馬鹿にする発言をする)人間もいるのだ」と、晒し首にする状況を、よくは思わない。

 どんなにすばらしい作品だと、本人が思っていても、万人がそう感じるわけじゃない。
 私の書いているこの文章さえ、不愉快だと思う人がたくさんいるだろう。
 だからといって、自分を否定する意見を、ただ、「攻撃」だと捉えて、反省しないのはどうなのか。

 かの人の作品をずっと読み続けている、読者の方、どうなのですか。あなたの愛する作品の、生みの親は、人を冒涜することで満足してしまうような輩なのですよ。
 人間性を疑われるような人物の書いた作品は、あなたの胸を打ちますか。
 本当に、その物語は、面白いのですか。

 物語は、作者の分身だ。
 エッセイやノンフィクションはもちろん、フィクションでさえ、どこかしらに、作者の経験談や知識が混じっている。

 辛い経験を乗り越え、必死に生きている人の文章は、涙を誘う。心境がリアルに描かれる。自分の感じたことを、形を変えて、伝えてくれる。必死さと、温かみが、溢れている。経験の浅い人の文章と比べれば、それは一目瞭然。肌で感じたことがあるのかないのかでは、全然違うと言っていい。
 あとは、そこに文章力と構成力をプラスし、試行錯誤していけば、より良い作品に仕上がっていく。

 ところが、経験の浅い人の文章は、どこか薄っぺらで、見ていてもしんどい。
 読者はすぐにそれを見抜いてしまう。

 ここでいう、「経験」とは、決して、「仕事」「学業」「生活」などの、実体験だけをささない。「経験」するのは、体だけじゃない、「心」も、たくさんの感情を「経験」して覚えていくのだ。

 他人の気持ちを知らない人が、登場人物の心情を丁寧に描けるのか、と、私は問う。
 小説の醍醐味は、漫画にも映画にも描けない、「心の奥底を描くこと」ではないかと思うからだ。
 ほんの少しだが、作者の人物が垣間見える、掲示板や評価欄で、読者という他人の気持ちをないがしろにするような人間の作品は、心を揺り動かすのだろうか。

 エンターテイメントであれば、それほど、登場人物の心の動きなど、書かなくても良いとでも?
 ギャグならば、笑って済まされるとでも?

 そういう問題じゃないだろう。
 
 物書きってやつは、人に文章読んでもらって何ぼ。
 自分が精魂込めて書き上げたものが、相手(読者)に、気に入ってもらえたり、感動してもらえたり、そういうのをやりがいに感じて続けているんじゃないの?
 前にも書いたが、ランキングや肩書きはその延長線上にあって、偶々、良い評価をいただいてるだけだと、謙虚に行くべきなんじゃないの?

 勿論、どうせ書くならば、賞を取りたいとか、プロになりたいとか、目立ちたいとか。そういうのはわかる。(私だってそうだ)
 だけど、だからといって、相手を傷付けたり、攻撃したり、けなしたり、そういうことを、やっていいってことにはならないよね。しかも、自分の作品そのものを使うなんて。

 物書きの、風上にも置けない。

**************
 愚痴っぽくなって、申し訳ない……。熱が冷めないうちに、書き留めたくて。
 共感してくれる人、いると思うけど、その人に直接攻撃はしないでね。お願いします。
PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
作者の人間性
作者と作品の価値が必ずしも同価値であるとは限りませんが、こういった話は悪い例の一つであると気がします。
作品の雰囲気が人によって合わないことは仕方ないことですし、当然でもありますが、読者の貴重な時間を奪った以上、一言でも詫びるのがマナーですよね。
読者の立場からすれば、よっぽどのファンでない限り作者の人物像は謎なままでいてほしく思います(笑)
2008-02-03 Sun 17:43
青葉
無題
どうも、我慢ならなくて書いてしまいましたw
自分にされて嫌なことを、他の人にするなって、幼稚園とかで習うじゃん……みたいな。

>>読者の立場からすれば、よっぽどのファンでない限り作者の人物像は謎なままでいてほしく思います(笑)

それは納得、そして同感です。
あまりにも自分をさらけ出しすぎていると、ネタの出所も全部見えちゃうようで怖い気もするし。多少ミステリアスな方が好感持てたりするんですよね~。
2008-02-04 Mon 06:18
天本
トラックバック
この記事にトラックバックする →
カウンター
webclap
拍手絵はお持ち帰り可。転載転用はダメですよ。
ポチッと押してくださると元気が出ます
最新CM
[07/14 李仁古]
[05/15 天崎]
[05/13 檀 敬]
[05/11 天崎]
[05/10 檀 敬]
プロフィール
HN:
天崎剣
HP:
性別:
女性
趣味:
モノカキ
自己紹介:
4児のママです。
仕事しながらコツコツ小説を書き、絵を描いています。
更新は遅め。
返信等遅れる場合有り。ご容赦ください。
メールフォーム
ご意見ご感想はこちらまで☆
pixiv
Twitter
天崎剣管理サイト一覧
SF企画<空想科学祭>2010参加者募集中!
↑昔発行していた同人誌の通販ページや画像投稿サイトなんかのマイページ。 どうぞいらしてくださいね~。
小説一覧/更新順
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ