忍者ブログ
Fantastic Cafeの更新日記/CG講座/創作談義
Calendar
<< 2017/12 >>
SMTWTFS
12
3456 789
10111213 141516
17181920 212223
24252627 282930
31
Recent Entry
Recent Comment
Category
79   78   77   76   75   74   73   72   71   70   69  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 私も、もしかしたら過去に書いていたかもしれない。
「下手ですが」「駄文ですけど」

 ……ネットマナーとしても問題視される、「自分の作品に対する、過剰の卑下」。
「下手」というのと、「初心者」というのとでは、印象が違う。
 わざわざ、「下手」なものを、好き好んで見る人がいるのだろうか。

拍手[0回]


 いるとすれば、同じ立場で創作をしている人だろう。
 とりあえず、実力云々じゃなくて、やってみたいからやっている、だけど、「下手」。
 その行為自体、私は責めるべきことではないと思うし、誰もが通る道なのだとも思う。しかし、へりくだりすぎからか、「下手」「駄文」「駄作」という言葉が、横行するのには、少し、危惧を覚える。

 友人のサイトのお絵かき掲示板の注意書きに以前、「自分の絵を『下手』だとか、『お目汚し』だなんて、書かないでね」とあったのを見た。「せっかく描いたのだから」と、添えてあった。
 掲示板の場合は、人様のお宅にお邪魔するわけだから、わざわざ「下手」なものを投下しないで欲しいという感情もある。お絵かき掲示板への書き込みは、そこの管理人さんに贈る、プレゼントのようなもの。誰が、「下手」と本人が自覚しているイラストを欲しがるだろうか。この場合、「がんばって描いてみました」などの、前向きの一言が適当ではないのか……。
 私の中の、「下手」という言葉との葛藤は、そこのサイト訪問から始まった。

 日本人というのは、相手より自分を下に、下に、置くことを好むようだ。尊敬語、謙譲語などを始め、各種礼儀作法、挨拶、日常生活、至るところで「相手との距離」を測っている。「空気を読む」ことの大切さ、「敬う」ことの重要さを、幼いときから叩き込まれる。
 しかし、本当に、相手のことを考え、正当な使い方をしているかどうか、ということに及ぶと、話は変わってくる。知識として、相手を敬うことを覚えていても、使い方を誤っては、何の意味も成さない。
 真の礼儀とは、「相手の気持ちを察し、敬い、気を害さないように心がける」ことではないのか……? そう考えると、創作サイトで、自作を「下手」であると断言している管理人の行為は、礼儀作法に反しているといえないだろうか。

 実力差、感性の差、センスの差、どうしても現段階では超えられない壁があったとする。しかし、精一杯気持ちを込めて書いたものであれば、(瞬間的にかもしれないが)満足は出来るはずだ。精一杯が積み重なれば、スキルアップしていくことも出来るだろう。いつか、目標としているところに、たどり着くことが出来るかもしれない。──しかし、「下手」という言葉で、自作を装飾してしまったら……、その道のりは、少し、遠くなるような気がしてならない。 

 人には各々感性があり、個性がある。
 うちには、娘が二人いるが、二人とも、それぞれの感覚を持っている。
 6歳の上の娘は、私の真似をして、漫画絵を描こうと必死になっている。可愛い女の子が、どうすれば描けるのか、試行錯誤しているようだ。友達と見せ合い、影響を受けてきたり、なにやらキャラクターらしきものを考え、ニヤニヤしているときがある。
 下の、4歳の娘はというと、これがまた、恐ろしく独創的。初めて人間の顔のような絵を描いてくれたとき、あまりの個性にドキッとした。なんと、歪な丸の中に、ぎょろぎょろとこれまた震えた線で、大きく目玉を描き、ぎっと結ばれた口元の凛々しい……ドクロのような絵だったのだ。
 同じ親から生まれ、同じように育てたつもりでも、全く違うものを持っている。
 人と違うものを、必ず持っているはずなのに、その個性を、まだ発揮できていないだけなのに、「下手」などという言葉で、簡単に済ませては勿体無いと思う。

 自分の作品に対する自信がないのは、始めのうちだけ。回数を重ねれば、だんだん上手になってくる。
 昔のように、公に発表するには覚悟のいった時代とは違う。今は、インターネットを使って、自由に簡単に、作品を発表できるようになってしまった。経験のあるなしにかかわらず、ネット環境の有無が、発表の機会を左右している。
 自信のないまま、「下手」なものをアップしてしまうのは、往々にしてありえること。それでも、自分の作品に対して、何かしら思い入れがあるから形になった、という、根底の部分を忘れてやしないか。
 上手い、下手、なんて関係ない。せっかく人に見てもらうためだもの、せめて、「がんばったので、見てもらえませんか」「まだまだ上手とは言えないかもしれませんが、読んでもらえませんか」などの、ポジティブな言い回しで、自作を勧めてみてはいかがだろうか。
 作者が自作を貶めては、せっかくの読者ががっかりしてしまう。訪問してくれた人にとっても、書いた側にとっても、極端な卑下は、マイナスにしかならないのだ。
 
PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック
この記事にトラックバックする →
カウンター
webclap
拍手絵はお持ち帰り可。転載転用はダメですよ。
ポチッと押してくださると元気が出ます
最新CM
[07/14 李仁古]
[05/15 天崎]
[05/13 檀 敬]
[05/11 天崎]
[05/10 檀 敬]
プロフィール
HN:
天崎剣
HP:
性別:
女性
趣味:
モノカキ
自己紹介:
4児のママです。
仕事しながらコツコツ小説を書き、絵を描いています。
更新は遅め。
返信等遅れる場合有り。ご容赦ください。
メールフォーム
ご意見ご感想はこちらまで☆
pixiv
Twitter
天崎剣管理サイト一覧
SF企画<空想科学祭>2010参加者募集中!
↑昔発行していた同人誌の通販ページや画像投稿サイトなんかのマイページ。 どうぞいらしてくださいね~。
小説一覧/更新順
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ