忍者ブログ
Fantastic Cafeの更新日記/CG講座/創作談義
Calendar
<< 2017/08 >>
SMTWTFS
12 345
6789 101112
13141516 171819
20212223 242526
27282930 31
Recent Entry
Recent Comment
Category
104   103   102   101   100   99   98   95   97   94   96  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 小説の対象年齢表示を少し変更しました。
 もしかしたらPG-12どころかR-15なのかしらと悩んでしまう作品もあるので、ご意見ある方はどうぞ~。即刻直します(涙

 前々から対象年齢についてはかなり気をつけていたんですけど、いざ表示を付けてみると違和感アリまくりで、自分の認識と他人の認識の食い違いなどがどれくらいなものかと悩んでしまうのです。参考は、自作小説用・自主レイティング・マーク(仮)さん。勉強になります。

拍手[0回]


 このサイトによると、私の書いているSFやファンタジーは明らかにPG-12みたいですね。主人公が殺人歴ありだったり、大量出血の殺陣シーンがあったりすると、教育上あんまりよろしくないということなんですかね。この辺は意識していませんでしたが、小さい子供さんもPC触れる世の中なので、その方がいいのかなぁと表示変更。
 精神的ダメージを与えすぎてしまうかもしれないのは、それなりに表示しておかないと、後でトラブルあったときに表示漏れを指摘されてしまうので、なるべくやった方がいいと思い始めました。PL法みたいなもんですよ。(※PL法…製品の欠陥が原因で消費者が被害にあったとき、企業側に損害賠償を求めることが出来る法律。この法律の施行後、メーカー各社が注意表示をこと細かく書くようになりました)

 ちょいと前の話なのですが、某アクション小説を読んだときのこと、前書きに「注意」が赤字で書いてあるので、ドキドキしながら読み進めたのですが、思ったより流血激しくないし、倫理的にもおかしくないし、「表示、いらないんじゃないの?」と作者さん側に言ったことがありました。そこのサイトでは未だ(以前よりは大人しくなったようですが)注意表示がしてあります。
 その後、ふと、自分の小説を読み直してみて、「やばい! ウチの小説、あそこの小説よりやばい記述が多すぎる!」と、慌てて注意書きを作成……。銃撃戦バリバリやってるわけじゃないし、人が死ぬシーンも多いわけじゃないんですが、物語の構成が精神的にダメージを与えちゃいそうな予感がひしひしとしてきたのです。
 前述のアクション作家さんに拙作を読んでもらったところ、「かなりやばい」ことが判明。やっぱりね。そうだよね。──私の小説のTOPに燦然と輝く注意書きが定着しました。

 書いていると、自分の作品に盲目になって、冷静に判断できなくなってくるんですよね。残酷の境目、エロの境目がわからなくなって、やりたい放題やってしまう。そんで、他人に言われるとはっとする。
 どうしてもわからないときは、複数人に指摘してもらうのが一番かもしれません。自分の作品を一番知っているのは自分でしょうが、その作品の対象年齢を決めるのは、作者ではなく読者かもしれないと思うからです。

 例えば、中高生向けに書いた恋愛だったとして、あまりにもエロ要素が多くなれば、それはPG-12やR-15指定になってしまう。すると、中学生は対象から外れてしまいますね。純朴な恋愛を描く人は今は少ないかもしれませんが、そういったガイドラインから考えると、PG-12にならないためには、ハグやフレンチキス程度で描写をやめなければならなくなります。服脱いだり、ディープキスしたり、自慰行為したらPG-12、その後ベッドイン~はR-15、更に性描写に重きを置きすぎるとR-18になってしまいますね。
 性教育については、今の日本社会において、正当になされているとはとても思えません。中高生でも簡単にセックスしたり、堕胎したりする人がいる世の中なので、そういうことを描写したい気持ちもわかるのですが、女性は16歳にならないと結婚できないわけですし、結婚して安定的な生活を得るまで子供は設けるべきではないと言う考え方が一般的な世の中で、やたらと性描写を含んだ小説をはびこらせるのはどうかと思われます。思春期の子供にとって、衝撃的過ぎる内容にならないように、そういった描写を含む、又は含む可能性があるのならば、年齢制限の表示はしておいたほうが無難ですね。

 また、残酷描写、反社会的描写についてもそれは同じこと。犯罪が起きるたびに、『犯人の自宅には猟奇的な小説や漫画、ゲームソフトが……』という言葉を耳にします。作者側の表現の自由を守るためにも、年齢制限表示はしっかりしておかないと、作品のせいで事件が起きたなどというひん曲がった報道が簡単になされてしまうわけです。

 私もそういった表示に関しては最近になって関心を持ち始めたので偉いことは言えないのですが、必ずしも、作者側の意図した読者層が作品に触れるとは限らない世の中なんですよ。
 18禁の本をコッソリ読んでしまう男子高生の気持ちがわからないわけじゃないんです。あの背徳感がたまらない刺激で、そんで、ついつい読んじゃうんですよね。だけど、書店の18禁のコーナーにある成人雑誌なんかは、思い切り「成人向け」表示がしてあって、それを誰にもバレないようにコッソリと読むのが良いのであって、堂々とエロ本を買えたり、エロビデオをレンタルできるような年になっても、レジを通さないと買えないという難関を潜り抜けないと自宅に持ち帰られない、あの瞬間が重圧になって刺激を加速するんだ、と言う人もいるかもしれない。
 ところが、WEBや携帯では、保護者が規制をかけないと何でもかんでも見れてしまって、そういう緊張感や背徳感が極度に薄れてしまうんですよ。
 今になって、フィルターがどうの、規制がどうの言ってますが、そうやって何でもかんでも縛るだけがいいということも言えない。しかも、規制するはずの親側の認識がまだまだ薄くて、「フィルタリングって何」っていう人がいるくらいなんだから、あとはサイトや作者側で注意表示をしていくしかないのかもしれないなぁと思うんです。

 ちなみに、私のサイト、Fantastic Cafeは、フィルタリング通すと、表示のお断り画面になります。(参考:キッズgooでのFantastic Cafe表示)かろうじてTOPとABOUT、MAILは表示できますが、NOVELは駄目ですね。イラストも規制かかって表示されない(涙 キッズgooでは、小さな子供にとって有益でないサイトと判断されてしまいましたぁ。
 元々子供に有益だとも思っていないので、ちょっと凹みますが、うさぎロケットの本文だけは何とか表示されるみたいなので、よしってことで。
 

PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
対象年齢は難しいですね
 連続書き込みすみません。三谷です。
 
 対象年齢については、私自身は性行為の描写がほとんどない場合には全年齢対象にしています。幸いなことに、今のところクレームも無いので。但し、性行為にこの後及ぶことを匂わせる描写及び服を脱いだ男女が同衾している描写は存在します。そうなると、私の作品もR-15位になるのかな?うーん……

 でもでも、残酷な描写については、文学作品とされるものの中に目を覆いたくなるような暴行シーンがあるものやら部落差別、民族差別が書かれるものもあります。具体的には「ビルマの竪琴」のような作品や満州からの引き揚げを扱った作品、プロレタリア文学とされる作品、「コタンの口笛」のような作品。これらは少なくとも私が母から引き継いだ児童文学全集に入っていますし、中学生が読んでいても注意を受けることはありませんでした。ついでに、官能小説の場合、かなりあっさりとした描写でえらい濃密な内容を書く場合もあります。これらの作品は普通に一般書籍としての文庫本のコーナーに置かれています。特に対象年齢制限がかかったという話は聞きません。

 見易さという点でネット上のものについて規制がかかりやすいのかも知れませんが、どうなんだろうな、と思います。日本以上にこういう規制が強いアメリカでも青少年による銃乱射事件なんかが起こっているわけなので、規制が犯罪防止に役に立つとも思えなかったりしますし。自らの身を守るためと頭で納得しても、感情的にはどうなのよ?って思っちゃいますね。

 乱文すみません。
2008-03-31 Mon 19:13
三谷透子
倫理面からいくと
エロや残酷描写は規制されるべき、と言う考え方には同意できますが、社会問題となってくると、話は変わってくるのかもしれませんよ。

昨今のチベット問題だって、一つ一つ、問題の中身を見ていくと、どう考えてもR-15どころかR-18だろう、と言うような事件が見え隠れしていますよね。だけれど、国際情勢、近隣諸国や宗教との関係など、全体を見渡せば、R指定、PG指定だの言ってられなくなる。

プロレタリア文学や同和問題を扱うような作品は、一つ一つの事例がR指定であったとしても、作品全体として訴えていることが社会問題だから子供にも読ませてるんじゃないかと思います。
戦争モノで、従軍慰安婦がどうの、GHQ統治下でのパンパンの存在がどうのって細かく見ていけば、その人たちが体験したことはR指定そのものの行為だけど、子供だからといって知らないとは言ってられないことだし、ドラマにも教科書にもチラホラ出てきますよね。
テーマが社会的なら、エロを書いてもいいかというと、勿論そんなことはなくて、作品内での比重がエロに傾いてしまうと指定もので、さらっと書いてあれば指定は免れるだとか……、要するに、すごく曖昧なような気がします。

ネットの海の中でやたらとRやPG指定について論議されているのは、急速に低年齢化が進んでいるからにほかなりませんよね。
何も知らない子供が、何の規制もかかっていない状態で検索をすると、とんでもないサイトに簡単に行き着いてしまうんですよ。しかもそれらは視覚的に攻めてくるものが殆ど。
エロバナーを最初に見たときはかなりビビリました。これは、子供には見せらんないなぁと。

悲しいことに、子供のためにフィルタリングをきちんと行っている親、大人がまだまだ少ないんです。やたらと規制しなければならない、と言うことではなく、年齢的にまだ見せちゃ駄目だろ、とか、手に取るのさえドキドキするような内容のページが、PCや携帯からなら簡単に表示されてしまうのが問題なんだよな、と。
自分に子供がいるからかもしれませんが、本当に小さい頃から今の世代はPCや携帯を使いこなしていて、危険性についての認識が殆どないような気がするんですよ。それは大人も同じこと。

エロ本コーナーに行くときの罪悪感もなく、一クリックで18禁サイトにお邪魔できるのだったら、そっちを選びますよね。そういう感覚を、幼い頃から持って欲しくないから、対象年齢表示をして、少しでも躊躇してほしいなぁと思ったんです。

実際、歯止めになっているかどうかはわかりませんけど。注意書きを行うことで自分の親としてのモラルが保てるなら、そうしようかな、と。

う~ん、だからといっても、子供向けの作品を書きたいわけじゃないので、苦労します。
「ママ、何書いてんの」と言われたとき、「えっと、殺人シーン」と答えるときの空しさといったら……。コ○ンで見慣れているとはいえ、ああいう正義感の強い作品ではなく、アンダーグラウンドみたいな作品しか書けないので(涙)、いずれ大人になったとき、母の書いている話を読んだらショックだろうなと思いますよ。
2008-04-05 Sat 06:40
天崎
うーん……やっぱり難しい
確かに、ニュースやら社会科では社会的な問題として小説なら18禁となる問題を取り上げざるを得ないわけで、これは仕方ないとも言えますね。

大昔、一度だけ小林多喜二に手を出した三谷ですが、一作でビビってしまいました。バトロワなんて目じゃありません。警察官が語り手をフラフラになり鼻血が止まらなくなるまで殴りつけたりする描写等が怖くて本から目を背けたこともあります。

社会科では確かにこういう弾圧があった事は習います。そして、戦後このような事態を反省して表現・思想・信教の自由が日本国憲法で保障されたことも。でも、あれはそんな客観的なもんじゃありません。これは思想弾圧であり、プロレタリア文学は弾圧される側の主張ですから弾圧する警察やら国家やらを語弊を畏れずに言うと悪者にするわけです。暴力的なシーンと共に出されるこのメッセージを低年齢者が読めば、かなりの衝撃を受け、警察やら国家やらを悪者と思うに違いありません。悪く言えばこの思想に洗脳することが可能な訳です。

これは客観的に事実を伝えたり教えたりする社会科やニュースとは異なると思います。ちなみに、 三谷家の場合、プロレタリア文学についてはR-15でしたが、その理由は先に述べたものだったと後に親から聞きました。その理由を聞き、両親の対応は一理あったんだな、と納得しました。

同和問題等の歴史的な社会問題を扱う文学についても同様でした。これらの問題はかなり根深いものがあります。その深さを知らないでこういう問題を扱う文章を読み、片方に荷担するのは大変危険だと思います。

こういう事を考えると、対象年齢規制というのは難しいと改めて思いますね。特に視覚的な情報ではない文章において。性的な情報も自らの体を知るためや守る為には必要な面もあるでしょう。暴力的な情報もまた然りだと思います。そして従軍慰安婦問題や同和問題、大陸からの引き揚げ等における主にソビエト軍からの攻撃の描写、大日本帝国憲法下の治安維持法による思想・信教等の弾圧等の歴史的な問題は小学校高学年ともなれば知らないではすまされない。でも、これらに関係する情報は青少年に衝撃と共に思想・人格形成に影響を与えるものでもあるわけです。どこまでという線引きは出来るのか?は問題ですね。
2008-04-05 Sat 23:37
三谷透子
価値観
何ていうか、どの視点から作品を描くかで、全然変わってきますよね。

小説じゃありませんが、美術関連の本には、普通にヌードの写真が出てきます。ポーズ集にフル○ンの男性のいろんな角度の写真が掲載されていたし、女性もヘアヌードでフル○ンの男性に寄り添ったりもしていました。
これらは絵を描く際、参考にするために撮られたものですが、同じ裸体でも、芸術的なものか、猥褻なものかで扱われ方がぐんと変わってしまう象徴みたいなものだな、と思った覚えがあります。

社会的価値観を優先する作品がたとえR指定でも子供に読まれているのは、やっぱり、衝撃の先にあるものを読み取って欲しいからなんでしょうね。何も知らされないまま大人になることほど、恐ろしいものはないですし。

社会問題は勿論、性教育においても、何でもタブー、何でも規制してしまったら、子供たちがいざと言う現場で、一切知識を持たない恐ろしい状況が生まれてしまうと思うんですよ。

それから、どの目線で作品を作るか、作品を読むかで全然変わってくるのも、わかります。
プロレタリア文学は労働者や低所得者層からは大変支持されますが、雇用主や国家権力から見たら、確かに洗脳以外の何者でもありませんよね。
もし、文学としてではなく、史実として知りたいのであれば、違う目線のものをたくさん読んで、自分の中で整理していかなければならないでしょう。片方の目線でばかり読んでいては、結局、単一的な情報しか手に入らないわけですし。

文学=真実とは限らないので、あくまでも物語として受け入れることを、読者側も気にとめておかなければならないのかもしれません。そうしなければ、何も知らない子供たちがそういった衝撃性の強い文章を読んで、片方の思想だけをよしとしてしまう、誤った認識を持ってしまうことになりかねませんしね。

と、ずらずらと書いてみても、結論がでなくて、この問題って、思ったより根深いなぁと思わざるを得ない天崎でした……(涙目
2008-04-06 Sun 07:20
天崎
トラックバック
この記事にトラックバックする →
カウンター
webclap
拍手絵はお持ち帰り可。転載転用はダメですよ。
ポチッと押してくださると元気が出ます
最新CM
[07/14 李仁古]
[05/15 天崎]
[05/13 檀 敬]
[05/11 天崎]
[05/10 檀 敬]
プロフィール
HN:
天崎剣
HP:
性別:
女性
趣味:
モノカキ
自己紹介:
4児のママです。
仕事しながらコツコツ小説を書き、絵を描いています。
更新は遅め。
返信等遅れる場合有り。ご容赦ください。
メールフォーム
ご意見ご感想はこちらまで☆
pixiv
Twitter
天崎剣管理サイト一覧
SF企画<空想科学祭>2010参加者募集中!
↑昔発行していた同人誌の通販ページや画像投稿サイトなんかのマイページ。 どうぞいらしてくださいね~。
小説一覧/更新順
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ