忍者ブログ
Fantastic Cafeの更新日記/CG講座/創作談義
Calendar
<< 2017/06 >>
SMTWTFS
123
4567 8910
11121314 151617
18192021 222324
25262728 2930
Recent Entry
Recent Comment
Category
76   75   74   73   72   71   70   69   68   67   66  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

同じ物書きさんに、感想や批評を送ったり、評価をしたり。
楽しいですよね。
思ったことを素直に書いて、それで、共感しあえたら、最高☆

……なんだけど、世の中そうも上手くいかないっていうか。

拍手[0回]


批評を目的とした、批評サイト。
レビューを目的とした、レビューサイト。
色々ありますね。
個人同士で掲示板に書き込みしあうのとは違って、専門にやってやろうという強い意志のある人にお願いして批評、レビューしていただくので、作者側にしたら、緊張はするけれど、同じくらい期待もしちゃうわけです。

ここで、批評とレビューについて。

批評……[名]スル物事の是非・善悪・正邪などを指摘して、自分の評価を述べること。「論文を―する」「印象―」

[用法]批評・批判――「映画の批評(批判)をする」のように、事物の価値を判断し論じることでは、両語とも用いられる。◇「批評」は良い点も悪い点も同じように指摘し、客観的に論じること。「習作を友人に批評してもらう」「文芸批評」「批評眼」◇「批判」は本来、検討してよしあしを判定することで「識者の批判を仰ぎたい」のように用いるが、現在では、よくないと思う点をとりあげて否定的な評価をする際に使われることが多い。「徹底的に批判し、追及する」「批判の的となる」「自己批判」
 レビュー(書評)……書物について、その内容を紹介・批評した文章。
[ 大辞泉 提供:JapanKnowledge ]

 一般的に、「批評」というのは、上記にありますように、良い点も悪い点も同じように指摘し、客観的に論じることです。また、「書評」は、紹介を目的とし、その上で、良い点悪い点を指摘する、と捉えて間違いないでしょう。

 完璧な作品というのは、この世にはありません。人間の作ったものなのですから、どこかに欠点があるのは当たり前。それを指摘した上で、しかし、ここが良かったと良い点を上げる。それが、批評なのだと思います。
 批評・書評は、批評者の客観的視点から、作品を評価します。
 作者が意図したことと違う点を、指摘されてしまうことも十分考えられるのです。

 私の尊敬する感想・レビューサイトさんは、大変残念ながら、今年一杯でサイトを閉鎖されるのですが、作者のやる気を盛り上げるレビューをしてくださいました。もちろん、欠点を指摘した上で、です。
 かなりの作品をレビューなさっていましたが、どのレビューも、作品に対する尊敬、愛情が感じられました。それゆえ、レビュー願いが絶えず、その方は大変なご苦労をなさっていたようです。

 全ての批評・レビューサイトが、そのようであれば問題はありません。そういったものに特化したサイトだけではなく、読者が掲示板などに書き込む感想・作品に対して寄せる批評についても、同じことが言えます。皆が皆、作者を気遣って感想・批評を述べてくれるのであれば、よいのですが……。

 ネット上に多数存在する「批評サイト」。殊に、携帯サイトの「批評サイト」では、厳しい批評が目立ちます。また、投稿サイトなどの感想・批評欄にも、たくさんの厳しい批評が寄せられています。
 切磋琢磨するための批評なのか、相手(該当作品の作者)を叩くための批評なのか。後者であれば、批評ではなく、「批判」ということになります。上記辞書によれば、「批判」は、否定的表現の場合に利用されることが多いということですから、本来のサイトの目的、「批評」とは、全く異なるものになってしまいます。

 相手に意見を言うとき、どのような気持ちで伝えるか、どのような立場から話すのか。批評する側の意思が、全て文章に表れてきます。
 読者として批評する、一人の物書きとして批評する、──批評家として批評する。
 自分の立ち位置やサイトの目的を明確にせぬまま批判に走ってしまうと、場合によっては、相手を酷く傷付けます。
 短所や欠点を指摘した場合、必ず後で、長所をしっかり褒めることを忘れないように、と、聞いたときがあります。少し褒められてから、たくさん指摘されるのって、ちょっと複雑。とりあえず、気になったところは聞きたい、仕方ない、聞く、で、最後に、うんと褒めて、今まで指摘されてきたことを上手く生かそうと思わせる。
 子供の叱り方に似てますね。「○○はよくない、でも、××は最高にいい、もっと伸ばせ」又は、「こうすれば、もっと良くなる」などの、具体例。
 ただ、悪かった、面白くなかった、だけでは、作品は向上しないのです。批評という行為を成す場合、少なくとも、良い点悪い点同じように指摘する必要があるわけですから、悪い点がよい方へ移行するためのアドバイスは少なからず必要ではないかと思います。

 若い人の作品に多いのですが、論点がうやむやになってしまっている場合。批評する側、感想を送る側も、気を使いますね。「ここを強調するとよかったです」など、遠まわしに指摘することも考えなければなりません。ただ、褒めちぎるだけでもよいのでは、と、言う人も多いでしょうが、本当にもっと面白い話を読みたいなら、私は少しでも、本音を伝えることが必要なのではないかと考えています。
PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ご意見に同意します。
ブログ拝見しました。

私もその通りだと思います。誉められるだけ、けなされるだけと言うのは作品の向上はないですよね。そう思うといいなと思う作品程悪い点をやんわり指摘してあげたいと思ってしまいます。作者さんが「どういうこと?」と聞いてくるようならきちんと説明してあげたいとも思います。それは、向上心の現れだと思うから。

でも、一方でそういう書き込みを一切シャットアウトするサイトさんがあり、作者さんと読者のそういうやりとりを炎上させる悪い輩がいて。そして、誹謗中傷の書き込みをする読者がいるのですよね。

ついでにあるサーバーさんでは、悪意と判断された書き込みはサーバー管理者が削除しちゃうそうです。その掲示板には誉め言葉しか書き込まれてなかったです。それは、大きなお世話ですよね。作者の為にならないと思うんで。

顔が見えないネットでは、相手がどういうつもりで書き込みをしているのか判断出来ないから、いろいろ難しいです。紙媒体の場合には、顔が見えなくても「○○氏の批評に反論する」とかって反論文を書くことも多いみたいだけど、ネットではそういう慣行も未だないですからね。そういう点は、これから固まっていくものなのかもしれませんね。

長い上に取り留めのないコメントですみません。

ではでは
2007-12-23 Sun 23:58
三谷透子
ドキドキしながら書いたのですが
三谷さん、こんばんは!
(丁度起きてました)

あまり突付きすぎると辛辣になってしまうし、かといって、オブラートに包んでばかり入られない問題なので、ちょっと気を使って書いてみました。
私も、相手に感想や批評を送るときは、かなり推敲しますし、どうすればこの物語がよくなるのかな、とか、思いながら読んでます。

>ついでにあるサーバーさんでは、悪意と判断された書き込みはサーバー管理者が削除しちゃうそうです。

↑これって、酷くないですか……。
私だったら、キレますよ。
何がやりたいんだろう。それこそ、情報操作ではないですか。
良いことだけを見せようとして、大切なものを失っていく、とても顕著な例ですね。

>顔が見えないネットでは、相手がどういうつもりで書き込みをしているのか判断出来ないから、いろいろ難しいです。

全く、その通りだと思います。
オフラインと違い、WEB上だと、人と人とがかかわりあっているという感覚が薄れてしまうのかもしれませんね。画面の向こう側にいる、見たこともない誰かのために気を配ることは、難しいのでしょうかね……。
2007-12-24 Mon 00:17
天本
トラックバック
この記事にトラックバックする →
カウンター
webclap
拍手絵はお持ち帰り可。転載転用はダメですよ。
ポチッと押してくださると元気が出ます
最新CM
[07/14 李仁古]
[05/15 天崎]
[05/13 檀 敬]
[05/11 天崎]
[05/10 檀 敬]
プロフィール
HN:
天崎剣
HP:
性別:
女性
趣味:
モノカキ
自己紹介:
4児のママです。
仕事しながらコツコツ小説を書き、絵を描いています。
更新は遅め。
返信等遅れる場合有り。ご容赦ください。
メールフォーム
ご意見ご感想はこちらまで☆
pixiv
Twitter
天崎剣管理サイト一覧
SF企画<空想科学祭>2010参加者募集中!
↑昔発行していた同人誌の通販ページや画像投稿サイトなんかのマイページ。 どうぞいらしてくださいね~。
小説一覧/更新順
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ