忍者ブログ
Fantastic Cafeの更新日記/CG講座/創作談義
Calendar
<< 2017/11 >>
SMTWTFS
1 234
5678 91011
12131415 161718
19202122 232425
26272829 30
Recent Entry
Recent Comment
Category
60   59   58   57   56   55   54   53   52   51   50  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

面白い話、筋書き、キャラクター。
残念ながら、それだけでは面白い話は描けない。
大切なのは、何を訴えたいか。これに尽きる。

以前の記事(シナリオに何を求めるか)と被るのだけど、本日はこちらの話題をば。

拍手[0回]


筋書きを読みつくせる話はつまらんかもしれない。
キャラクターが凡人ばかりでは、興味すら湧かないかもしれない。
だけれども、私は、案外そこにこそ面白さを見出せるのではないか、と、思ってきた。

前にも書いたけど、ファンタジー・SF・戦記物なんかは、設定自体がかなり大切で、ありきたりじゃ駄目だし、パッと見、面白いと思われなければ、その後の読者を引き付けておくことは困難だろう。
私も色々書いてきたし、今も書いているから、その辺はよくわかる。
実際、自分の話が「実はそれほど珍しくも面白くも無い」設定だと、最近思い知った。
だからこそ、他とは違う色をどんどん出していかないと、無数の作品に埋もれてしまう。

私は心理面に置いて、かなり他の人よりも描写を濃くしているつもりだ。
まだまだ足りない、と言われたら、悔しいからもっと足すかも知れない、というくらい、必死に書いている。
物語の筋よりも、人の心の動きがどうなっていくのか、そこを描いて行くのが楽しくて仕方がない。


それじゃ、現代モノ、恋愛モノでもない、友情モノでもない、文学系の作品においてはどうか。

設定……、まあ、凡人しか出ません。
登場人物はサラリーマン、OL、主婦、老人、学生、子供。
これと言ってすさまじい人生を送ってきたものなどいないわけです。

だけれども、その個々をよく観察していけば、びっくりするくらいのエピソードがたくさんある。
「え、まじで?!」
と、耳を疑うようなことが、現実には起きているのだ。
ファンタジーその他、空想・創造的要素を持つ作品とは根本的に違う、ドロドロして、ひんやりしてしまうような人間関係、壮絶な修羅場。それを潜り抜けているが、平然として日々を送る人間達。

一人の人間像を組み立てる時、個別に設定を考えてやしないか。
人間とは、人と人の間にいてこそ、人間であるわけで(金八じゃないけど)、二人以上の登場人物と常に係わり合いがあるのが通常である。
この人とこの人は、過去で繋がっている、この人はこっちの人の恋人だと、どんどん繋げていく。
すると、あたかも実在する人物のように、関係図が広がっていく。

更にそこに、ささやかではあるが、現実味のあるエピソードとテーマを与える。
すると、驚くほどスムーズに物語が流れ出す。


表面だけ見繕った話より、私は後者の方が小説らしいと思うし、そういうのを書いていきたい。

自分だけの世界は、脆(もろ)く、未完成で、拙(つたな)い。
そこを磨いていくよりも、身近なところをテーマに置き、身近な人物像で攻めていく方が、私には合っているのかも知れないな、と、今更のように気づいてきたのだ。
技量を重ねることは勿論、やはり、人間観察を怠ってはならない。
身近にいる人物こそ、最大のネタである。

PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック
この記事にトラックバックする →
カウンター
webclap
拍手絵はお持ち帰り可。転載転用はダメですよ。
ポチッと押してくださると元気が出ます
最新CM
[07/14 李仁古]
[05/15 天崎]
[05/13 檀 敬]
[05/11 天崎]
[05/10 檀 敬]
プロフィール
HN:
天崎剣
HP:
性別:
女性
趣味:
モノカキ
自己紹介:
4児のママです。
仕事しながらコツコツ小説を書き、絵を描いています。
更新は遅め。
返信等遅れる場合有り。ご容赦ください。
メールフォーム
ご意見ご感想はこちらまで☆
pixiv
Twitter
天崎剣管理サイト一覧
SF企画<空想科学祭>2010参加者募集中!
↑昔発行していた同人誌の通販ページや画像投稿サイトなんかのマイページ。 どうぞいらしてくださいね~。
小説一覧/更新順
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ