忍者ブログ
Fantastic Cafeの更新日記/CG講座/創作談義
Calendar
<< 2017/06 >>
SMTWTFS
123
4567 8910
11121314 151617
18192021 222324
25262728 2930
Recent Entry
Recent Comment
Category
98   95   97   94   96   91   93   92   90   89   88  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 一般書籍は右綴じ、ケータイ小説は左綴じ。最初手に取ったとき、ものすごく違和感があって、ちょっと試しにと開いてみたら、やっぱり駄目だった。
 どうも、小説は縦書き、という先入観から抜け出せない……のは、私だけではないはずだ。
 
 一方、変わってWEB小説。横書きが一般的だが、たま~に、縦書きにしているサイトを見かける。横も縦も置いている、のではなくて、縦書きしか置いてない。うーん、PCや携帯では、横の方が読みやすいなぁと思ってしまう。

 同じ小説でも、どこかが違う。縦と横、それぞれの読みやすさ。それは一概に、媒体のみで変化するのだろうか。

拍手[0回]


 私は、字が詰まってるWEB小説を読むのは苦ではない。内容が面白ければ、必死に目で追う。それはPCでも携帯でも同じ。きちんと段組されていて、描写が丁寧ではっきりしていれば、尚良い。……まぁ、私の作風がそうなのだから、他人の小説を読むときもそう感じるだけなのか……、はたまた、私が両方扱うからか、定かではない。
 強いて言うならば、私は小説は本で読む世代だったからだろう。WEBで様々な作品に触れるようになった今日でも、やはり基準は書籍の小説。ライトノベルに関しては殆ど読んだことがないというくらいなのだから、こればかりはどうしようもない。
 しかし、世の中には様々な見解を持つ人々がいるわけで。小説作法に則った書き方、段組を推す者(私もこちら側に含まれるわけですが)と、いわゆるケータイ小説と呼ばれる、空白を多用した小説を推す者が存在している。どっちでもいいじゃないですか、と言われると、そうですね、としか言えないが、この両者は、決して相容れようとしないのだ。

 小説作法に則って書くWEB作家は、新人賞や文学賞へ応募する、プロ志向の人が多いと思われる。読書量も豊富で、普段読んでいる一般書籍に準じた書き方を尊重する。当然のように三点リーダーや段落前一字空け、感嘆符のあとの一字空けなどの基本的な書き方をしてくる。
 原稿を送るときは、まず、縦書きに印刷するし、ルールを守った書き方をしていなければ、すぐに弾かれてしまう。そういうシビアな現状もあって、他者の作品を読むときも、小説作法にうるさくなってしまいがちだ。
 ただ、この書き方の場合、WEBではきちんとスタイルシートを組まねば、とても読みづらいという欠点がある。何も考えずにテキストファイルをそのまま貼り付けたようなサイトは、今でこそ珍しいが……、文章量が膨大になればなるほど、目がチカチカしてしまい、即バックされかねない。
 文字サイズ中~大程度、文字サイズを固定しない、一行あたりの文字数を膨大にしない、見やすい色を選択する、などすれば、大体回避されるが、「元々文章を読みなれていない」人からしたら、ものすごく見づらいのだろう。
 
 いわゆるケータイ小説はというと、改行が激しく、空白が多い。確かに、一文字一文字は読みやすいかもしれないが、絶対的文量が少ない上に、何度もスクロールしなければならず、いらいらしてしまう人もいる。
 旧世代の私が携帯で読むときは、文字サイズ極小。このくらいでないと、スクロールが多くて面倒な上、全体像が捉えにくくて不便なのだ。それでも、世のケータイ小説と呼ばれる奴は、句読点のたびに改行や空白を繰り返し、ページ数の割りに全然物語が進まない……。携帯操作が苦手なのにクリック数が多くなるのと、別の意味でストレスが生まれてしまう。見やすいだの見にくいだのの前に、ページ数を見ただけで気が遠くなったりするのだ……。
 一時期はパケ代がどうの言われたが、今は定額制が主だし、何回ページが切り替わったって、いいじゃん? ……という考え方なのだろうか。世代が違うからか、ちょっと理解できない。
 1ページあたりの文字数が少なく、物語の密度が薄いと、それは単なる筋書きか独白になってしまうのではないか。そうなると、小説ではなく、詩やシナリオの一種だと揶揄されても仕方なくなる。
 小説自体が、物語の起伏のみを楽しむのではなく、その奥に秘められた心の動きや葛藤、伏線などを楽しむものであると信じて疑わない世代は、私自身を含め、やはりケータイ小説には向いていないのかもしれない。


 さて、話を戻し、この両者を縦書き、横書きの枠に入れてみる。

 前者、小説作法に則った作品は、縦書き、横書きとも可能である。どちらにもそれぞれ読みやすさ、読みにくさがあるが……、ぎっしり詰まった文章が苦手でなければ、好きなほうを選択することが出来る。ハウツー本や教科書など、横書きの書籍は世にたくさん出ているし、縦書きといえば、小説や新聞、辞書など、どこにでも溢れている。
 日本語は元々縦書きの文化であったが、近代以後、様々な遍歴を経て左から右への横書き文化も定着した。縦横どちらにも対応できる文字は少ない。文字の種類も豊富で、バランスが取れている。よって、単一種類の文字しか羅列しない文章(英語や中国語など)に比べたら、元々読みやすくなっているんじゃないかと思う。

 それでは後者、ケータイ小説を、縦書きにして読んでみたことはあるだろうか。まず、そんなことをする人はいないだろう。実は縦書きにすると、極端に読みにくくなってしまう。ケータイ小説を書籍化するときに縦書きにしないのは、その独自の空白、改行が、横書きのときにしか効果を発揮しないからだと思われる。
 つまりケータイ小説は、メール方式で発展してきたため、一行あたりの文字数が少なくてもよく、スクロールが難しくない「携帯」という媒体のためのものなのだ。

 携帯のディスプレイは小さい。それ故、文字がぎっしり詰まっていると読みにくい。
 適度な空白、適度な間隔──それは勿論、PCで読む場合も当てはまるのだが──、これが大切なようだ。


 成り立ちも考え方も違う人間が書いている、WEB小説とケータイ小説。対象となる媒体さえ違うのだから、両者がいがみ合ったって、解決の糸口すら見えないのは当然だ。
 以前も書いたが、それぞれ作者側の意図も違うのだから、わざわざ「あなたの書き方はおかしい」だとか、「読みにくい」と言うのは失礼なのかも。

 と、ここで、一つ、私の体験談。
 とある文学系の小説を拝読したが、(私はPCで読んだ)その書き方は、まるでケータイ小説だった。一行書いてすぐに空白、台詞の前後に空白。段落らしきもの(一字下げ)が見当たらず、せっかくの文章が台無しだと思えた。これは文学作品のつもりで筆者が書いたのであろうと、その旨指摘したが、本人は「ケータイ小説に準じた」と答えた……。
 う~ん。なんか違う。

 私は自分の考えを押し付けるのは嫌だけど、その人はなんか、ケータイ小説を履き違えている気がした。前述の通り、ケータイ小説は独白や詩に近い。その書き方に準じて純文学を書くのは、ちょっと、変。
 それぞれ、その書き方にしなければならない必然性があってそういう書き方をしているのだから、文学畑の人が何も無理してケータイ小説の書き方を真似る必要なんてないのに。携帯で読めるから、ケータイ小説ってのは、なんか、違う気がする。

 ケータイ小説を馬鹿にするわけじゃないが、あの書き方には「多分」意図がある。空白も含め作品だというなら、やはり私の指摘した作品は、ケータイ小説にはなりきれていないし、なるわけがない。


 横書きで、しかもケータイのディスプレイでなければ、緊張感や情感を発揮できないのがケータイ小説だとするならば、私はそのケータイ小説の世界に入り込めない類の人間だということで諦めようと思う。自分にしっくり来ない世界にのめりこもうだなんて、そんな厄介なことはしたくない。
 世の中には「ケータイ小説は小説を名乗るな」という人もいるが、それならば最初から読まなければ良いのではないかとさえ思う。

 少女漫画が嫌いだから少女向け雑誌を手に取らない、胡散臭いからスピリチュアル番組は観ない、という人もたくさんいるのに、ケータイ小説を嫌いなのに読んでいることを自慢するのって、おかしい。世の中にはそれぞれ、好みの分かれる問題があるのだから、小説(WEB小説も一般書籍もひっくるめて)とケータイ小説が同時に存在するのは悪いことじゃないんじゃない?


 だけども、上記の純文学作品のように、ケータイ小説の中に紛れ込んだ文学作品がスイーツ小説好きの女子高生の目などに触れて嫌悪感を抱かれるように、WEB小説の中にケータイ小説もどきが混じっているのも事実。互いに「あ、ちょっと、何でそんなところに」と、つまはじきにされないように、文頭にでも注意書きをおいたほうがいいのかな、と思うこともある。 
 自分の作風が小説作法に則ったラノベや文学系の作品であるならば余計な空白は作らない、とか、ケータイ小説ならば思い切ってプロローグからスイーツにしてしまうとか、──作品の意図にそぐわない読者を排除する努力は少なからず必要なのかも。入り口で失敗して、「あ~、なんだ、書き方からして真っ当なラブコメかと思ったら、スイーツばりばりのケータイ小説かよ」とか、「甘々期待してたら、どうも純文学みたいなんで萎えました」とか言われるよりもマシ……かな、なんて。

 文章作法がどうのこうので突っ込まれてムッとした、私の作風はこうだから、余計なこといわないで! って気持ちもよくわかるけど、読者としては、せっかく読むのだから失敗したくないんだよね。
 だとしたら、やっぱり入り口ですぐに作品の対象がわかるようにした方がいいのよな~。そうくると、あらすじの書き方からプロモーションから、作者の宣伝方法が上手く言ってる作品にはそれ相応の読者が付いてるし、その辺うらやましくはあるんだけど、私はそういうのが苦手で損をしているのかも、と、この記事を書きながら自己嫌悪に陥っていくのであります。
PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
いろいろ考えさせられました
私が最近考えていた事に関係するのでコメントさせて頂きます。

ケータイ小説の作者が書籍化の際に不満であったことは余白を削られた事とコメントしたのを見たことがあります。だから、あの余白は彼らにとって重要な表現方法という見解は正しいと思います。私が読んだ限りでは、あの余白は余韻や驚き等の心の動きを表現しているように思います。

私は既存の小説の表現をした文章を書いているつもりです。しかし、空白を入れないと読み辛いと過去に指摘され、適度な空白を入れるべく心掛けるようになったからか、突発的に起った出来事や心の中で考えた事等を表現するために、一行空けを使った表現をする事があります。確かに、文学とされる小説ではこのような表現はないでしよう。とはいえ、ある程度空白を要求されるなら、空白を使った表現を取り入れるのもアリかと思います。

ここで、誤解の無いように言いたいのは、私は決してケータイ小説を高く評価してはいないという事です。携帯やネットは字の設定を自由に出来ますし、特に携帯は操作が簡単ですから、携帯という媒体を使った小説は全ての世代に開かれて然るべきと思います。なのに、ああいう小説が書籍化され注目された結果、携帯で発表された小説は一部の若者を対象としたものとの不当な評価を受けているように思います。そして、あの過度の余白に頼る表現が内容を薄っぺらにしているのは間違いないと確信もって言えます。そういう点でケータイ小説は撲滅すべきとも思っています(笑)

ただ、青空文庫等では有名な文学作品を横書きにして、携帯やネットで無料でダウンロード出来るようになっていたりしますし、ライトノベル等では台詞が多かったりします。そういう点で表現方法についてはもっと柔軟になっても良いのかな、と思います。勿論公募小説等でコレをやったらアウトでしょう。ですが、私達は書籍の小説も携帯・ネットの小説も両方を楽しみ、担う事の出来る世代なんですから新しい表現を創る事は決して悪い事では無いんじゃないでしょうか?
長文失礼しました。
2008-03-14 Fri 03:01
三谷透子
夜中にありがとうございます
さて、寝ようかな、と思っていた矢先だったので、コメントを。

私もあんまり(というか、結構?)ケータイ小説は好きじゃないです。でも、表現方法を否定するのはあんまりだよな、とは思います。
恋空代表として、書籍化された小説がスイーツ内容ばかりといっても過言ではない現状で、三谷さんみたいに携帯なのにちゃんと文学系の作品を生み出そうとしている人が薄れてきちゃうのは勿体無い気はしますね。

媒体としての携帯から、ジャンルとしてのケータイに移り変わってしまって、しかも、ケータイはスイーツしか受け付けない、なんていう固定概念まで生まれてしまった。これは不幸なことです。
どんな媒体でも、同じように作品に触れようとして、今の形になってきたのだと、私も信じたいです。

ブログや日記と違って、小説って、ひとつの作品じゃないですか。空白入れようが入れまいが、作者の勝手なんだけど、読む側はそれを許さなくて。小説を読む人も、ケータイ小説を読む人も、どちらにもそれぞれ言い分があって、中間点がない。
だから、必ずどちらかにとっては読みにくくなる。

これが、空白だけならまだしも、ギャル字や絵文字について妥協しろといわれたら、それは、日本語ですらないんだから、どこを妥協したらいいかわかんなくなりますから、却下しますけどね。ああいう暗号めいたものは、友達との間だけでやって欲しいです。(正直)

最近だと、中高年の方も携帯いじれるようになってきたし、(ウチの親も携帯で競馬をするようになりましたw)小さい子供だって携帯持っているような時代ですから(私はこれには反対ですが)、誰が見ても読める小説がどんどん出てきてもいいはずですよね。
スイーツモノばかりが受けるのは、今のうちだけじゃないでしょうか。そのうち飽きますって。

世代的に、丁度中間地点にいる私たちが、これからの文化を担うのだとしたら、誰が読んでも恥ずかしくない小説、一部若者のためじゃない小説を生み出していく必要があるんじゃないのかな、と、ふと思いました。
2008-03-14 Fri 03:18
天崎
そうですね
確かに、ギャル文字のような身内以外の者を排除する表現と、空白等の使用を同列に扱うのはおかしいと思います。後者は媒体の特性上、読者への便宜のために入れるものであって、表現を逸脱したものではないと思われますから。しかしこれを一緒にしているのが現状ですね。

「小説の書き方」のようなサイトで3点リーダと頭下げ等の空白についての注意をよく見掛けます。その反面、「」の後の文章は行を変える等の文法事項の注意はほとんど見掛けた記憶がありません。これって、記号と空白についての注意を中心としていると言えませんか?

つまり、このようなサイトさん及び作家さんは空白・記号を多用するケータイ小説へのアンチとして、正当な文法使用を訴えているという側面があると言えると思います。おそらく、携帯やネットで小説を書けるという気軽さから習作等の為に携帯という媒体を利用している作家さんとしては、正当な文法使用を訴える事で、注目を集めるケータイ小説と一線を画そうとしているのではないでしょうか?

それが悪いとは言いませんがその為に本来なら影響を受けあうだろう両者が頑に殻に閉じ籠るのは如何かと思います。

小説は様々な表現方法が新しく生み出されていく事で生き延びてきたモノだと思います。ネットや携帯小説の担い手である私達やその直ぐ下の世代を中心に、「こういう表現をするんだ!」とどの世代にも胸を張れる小説がひとつでも多く出て来て欲しいものですね。
2008-03-14 Fri 17:36
三谷透子
空白と表現
そうですね、確かに「」のあとの改行や、一字下げのことはあんまり見ませんね。
私も最近知って、やばいとあちこち修正した覚えが……(^^;

それぞれの言い分もわかるけど、いがみ合いすぎるのはどうか、という意見には賛成。
新しい文学の形っていうのは、どの時代にもあるものだから、どこかで妥協は必要でしょうね。
(それでも、携帯媒体=ケータイ小説=スイーツと見られるのは嫌ですが)

商業価値を求める出版社側も、やたらとスイーツ系ばかり書籍、映画化するので、勘違いする人が増えるんですよ。そこは、「いい加減にして!」と。
売れれば何でもいい、という企業側の魂胆が見え見えなのがまた、一般人の偏見を生むんですよね。
2008-03-15 Sat 16:30
天崎
トラックバック
この記事にトラックバックする →
カウンター
webclap
拍手絵はお持ち帰り可。転載転用はダメですよ。
ポチッと押してくださると元気が出ます
最新CM
[07/14 李仁古]
[05/15 天崎]
[05/13 檀 敬]
[05/11 天崎]
[05/10 檀 敬]
プロフィール
HN:
天崎剣
HP:
性別:
女性
趣味:
モノカキ
自己紹介:
4児のママです。
仕事しながらコツコツ小説を書き、絵を描いています。
更新は遅め。
返信等遅れる場合有り。ご容赦ください。
メールフォーム
ご意見ご感想はこちらまで☆
pixiv
Twitter
天崎剣管理サイト一覧
SF企画<空想科学祭>2010参加者募集中!
↑昔発行していた同人誌の通販ページや画像投稿サイトなんかのマイページ。 どうぞいらしてくださいね~。
小説一覧/更新順
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ