忍者ブログ
Fantastic Cafeの更新日記/CG講座/創作談義
Calendar
<< 2017/11 >>
SMTWTFS
1 234
5678 91011
12131415 161718
19202122 232425
26272829 30
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7   8   9  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

WEB拍手のお礼画面、ずっと変更していなかったので、思い切って漫画なぞupしてみました。
1996年作なので、どうぞ笑ったって下さい(恥
新しく書き下ろす……わけないw 使い回しですが、WEB初公開ということで。

ファンタジー短編です。
センスが全然無いので、必死になって描いていた頃。
ドラゴンボールにはまりすぎて、アングルおかしいのは気にしない。
……にしても、JKの頃は精力的だったことが窺えます。地元即売会くらいしか発表の場がなかったんですけど、それでもちゃんと描いてるんですからね。えらいのぅ。

昨今は短編小説すら書くの憚るずぼらさw 手元に書きかけのがあるので、今冬仕上げられればいいな(遠い目

漫画のご感想もお待ちしてますノシ

拍手[1回]

PR

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、あけおめ終わり。


 ここから先は、フィクションとしてお楽しみ下さい。

 

拍手[2回]

だいぶ前にいただいてたんですが、丁度パソコンを修理に出してたときだったので、今更のようにやりますw
ええ、宣伝かねてです。問題は、宣伝しても読まれるかどうかは不明という点だなw

----------------------------------------
1:小説を書く際、資料などは使いますか? 何を使いますか?
 (例:wikipedia、書籍名、etc)

 資料はホントに必要なときには買いますが、基本、新聞(日経・地元紙)の切り抜き(統計・レポートが主)、wikipediaくらいですかね、参考にしてるのは。
 気になるところは、どこまでもどこまでも突き詰めるようにしてます。で、執筆が進まないのな。 
---------
2:プロットやフローなどは用意しますか? 用意するとしたら、どのように立てていますか?
(例:メモ書き、 StorYBook、etc)

 脳内プロット万歳!!
 虚空の惑星は、流石に、手描きメモ、ストーリーエディター使いました。あと、年齢設定や時系列に違和感がないか確かめるために、exelで年表作ってます。
 アクションシーン、頭でわからなくなるので、よく地図とか見取り図は書きますよ。誰がどこで何してて、こっちに移動してあーなってこーなってとか。自分でも、後で見るとよくわからないという(意味無いw
---------
3:小説を、どこかに投稿したことはありますか?

 地元紙に送りました(入賞無し)
 あと、某出版社にも送りました(一次通過のみ)
 ええ、諦めましたとも。3年前はね。
---------
4:あなたの小説(文章)が一番影響を受けている作家さんを一人挙げるとしたら、どなただと思いますか?

 あんまり小説読まないからなぁ。誰だろうなぁ。
 野坂昭如は間違いない。あの人の独特な文章読んだら、癖になった。
---------
5:あなたの書いた小説に今まで登場した中で、一番好きな情景描写の言い回しを一つ、見せてください。
(ネタバレしそうな部分は伏字などで構いません)

 真っ白な研究施設の壁に、夕暮れ時を告げるオレンジ色の人工太陽光が照りつける。一キロ四方の敷地を囲う高く白い塀まで建物の影がぐっと伸び、住居や施設の陰に潜む何者かを体良く隠している。
 エマードは椅子にもたれかかり、机にドンと資料の山を置いたままぼんやりと半開きの窓の隙間から外を眺めていた。塀のむこうから、住民の話し声、笑い声がかすかに聞こえる。買い物帰りの母子の楽しそうに弾む会話。優しい声。エマードは恨めしそうに耳をそばだて、目を細めた。心が次第に安らかになっていく。うとうとと、いつの間にか居眠りをしてしまっていた。
(「虚空の惑星」より)
------------
6:あなたの書いた小説に今まで登場した中で、一番好きな心理描写の言い回しを一つ、見せてください。
(ネタバレしそうな部分は伏字などで構いません)

 脳内で再生されていく記憶は、エマードの感情を搾り取る。そうだ、ここはあの場所だと確信していく。目から溢れてくる液体がつうっと頬を伝い、視界がぼやけた。全てが始まったその場所が、目の前にある。
 重い鉄扉には表示がない。何の施設かすぐにわからないようにしているのだ。ドアのノブに手をかけ、そっと開く。――また、どくんと心臓が波打った。
 (中略)どれもが、彼の記憶のまま。ぞくぞくと震えだした。もう二十年以上も前のことなのに、子供のあの日に戻ってしまったかのように、彼は怯えだす。(中略)ウワッと頭を抱え、エマードは屈み込んだ。記憶の波が一気に押し寄せ、押し潰されていく。今まで封じていた最も忌まわしい過去の記憶が、鮮明に彼の脳裏に映し出されていた。
(「虚空の惑星」より)
---------
7:あなたの書いた小説に今まで登場した中で、好きな台詞を三つ、見せてください。
(ネタバレしそうな部分は伏字などで構いません)

「もし、お前の言うように『幸せになれる権利』なんてものがあるとしたら、俺はどこでそれを失ったんだろう」
(「穢れなき子供たちへ」より カケルの台詞)

「生まれたときから、俺は人間ではなく、悪魔だったんだ」
(「虚空の惑星」より ディック・エマードの台詞)

「いつまでも、思い出に縋(すが)っていてはいけない。本当に大切なのは、私と妻が、息子を愛していたということなのだと」
(「私と、妻と、二人の翔太」より 翔太の父の台詞)
---------
8:あなたがこれから小説に書こうとしている台詞で、「今後の見所!」になりそうな意味深台詞を三つ、ここでコソッと教えてはいただけませんか?

 え、これから書くヤツ?
 実は毎度毎度何も考えずに書いてるとか言ったら、嘘くさいですかw
 台詞なんて、その場になってから考えるので、全然わかりませんわー。
 と言うわけで、パス。
---------
9:小説を聞く時に、音楽は聞きますか? 聞くとしたら、どんな音楽を聞きますか?

 聞きません。
 稀に、思い立ってサントラ(映画とかの)聞いてみたりすることもある。
 お気に入りは、地元が舞台になった「おくりびと」のサントラ。
---------
10:日々の生活で、「あのキャラならここはこうするだろう」「あのキャラならこれを選ぶだろう」といった妄想が展開されることはありますか?

 無い。
 自キャラ萌えしない。
---------
11:これから小説を書き始めようとしている方に、何かアドバイスがあればどうぞ。

 まず、自分に自信を持つ。自分にしか書けない、自分にしかできないと自負できる作品をかき上げる努力をして欲しい。模倣ばかりでは、上達はしないので。
 それから、文章でなければ表現できないことを探ってほしい。そうだな、文章に限らず、ホントなら、この設定、この人物、この長さじゃなきゃ表現できないんだと、自信を持って言えるような作品を作って欲しい。ネタ系とかじゃなくてね。
 自分が納得いかないなら、相手も納得しない。誰かに言われて自分の作品の価値が下がるようじゃ、まだまだだと思う。これでもかと、相手を自分の世界に引きずり込むような勢いで書かれた作品はやっぱり面白いんだと思うよ。
---------
12:ありがとうございました。 もし良かったら五人くらいにパスしてはいただけませんでしょうか。

 持ち帰りはご自由にどぞ~

拍手[0回]

>2010-11-23 4時のFさん
超お久しぶりです。
そうなんですよ、そんなことがあったんです。
元気……に、少しずつなってきました。自分でテンション上げながら、ひとつひとつ、こなしていこうと思います。
後ろ向きよりも、前向きの方がいいですね。
がんばりますっ!

拍手[0回]

 空想科学祭2010終了から早半月、心身ともに相当くたびれまして、最近はPC前にいることも少なくなりました。
 せっかくなので、たまった新聞の片付けをしてみたり、庭の桜の手入れをしたりと、まるでじじばばのような生活に戻っています。

 丁度秋は年末にかけてしごとも忙しくなり、ノルマも多くなる(涙)時期でして、結構ハードな毎日を過ごして参りました。
 こうなってくると、どこかに歪みが出てくるわけで、体調不良かストレス(?)で、ちょと残念なこともあったりしたわけです。今は大部回復しまして、というか、直後から通常通りの生活をしているのですが、誰かに相談するようなこともなく、上司に一言「だめでした」と言ったくらいで、済んでしまいました。
 長年いろんな経験を積んできたとはいえ、今回は喪失感がそれなりにあとから出てきまして、なんといいますか、ホントなら~とか、今頃~とか、どうでもいいことを考えたりするんですね。でも、まだ若いのでチャンスはあると思って前向きに行こうかとも思います。

 転勤して1年半、まだなんとなくアウェイ感が抜けずに、もっと関わり合えばいいのに職場の人間とは一線置いてしまうのはすごく失礼なことだとは思っているんですが、私はどうしても、自分と仕事は切り分けたいと考えてしまう。これって、あんまり良くないことなのかなとか。
 もっと自分をさらけ出して――とか、簡単なことを他人は言うわけですけど、私にとって本当に自分ってのはやっぱり子育てをしていたり、好き勝手絵や文章を綴っていたり、PC弄って好きなようにサイト構築していたり、そういうものなんだと思うんですよ。

 職場の人間は、殆どが体育会系で、私みたく文化系まっしぐらとかはまずいない。
 そうなってくると、内にこもって一人だけの世界に没頭するような人間がいるはずもなく、チームワークとか、根性とか、ああ、まさに私のこれまでの人生では考えられないような無駄に熱い人間の集まりとなるわけで。それが決して嫌いというわけではないんですが、いいとこ文化祭や生徒会で必死に裏方頑張っている、まあ、主催してる空想科学祭もそうなんですけど、表舞台に立ちたいわけじゃない、サポートや事務が好きなだけの人間なんだなと、営業何年もしてきたはずなのに立ち止まってしまう自分がいる。これがとても切なくて。
 でもそういうのって、聞かれたからといってこうなんですと応えたところで、成績ふるわない言い訳にさえならない。
 ああ、もしかしたらっていうか、最初から道を間違えたのかなとまたぐじゅぐじゅ考え、でも、もし違う道を選んでいたとしたら私の出会いも今の家族も何もないのだと思うと、また最初に戻って、なってしまったものはなるようにしていくしかないと、この堂々巡りというのはもしかして鬱の始まりじゃないかなど考えてみたり。

 まあようするに、考え過ぎと要らん体力消費が原因で、先月四人目を流産してしまい、さて今後どうしていこうかとあっちにうろうろこっちにうろうろ、考えを巡らしている時期なわけです。

 公募も悪くないな、でも、その前になろう以外も利用してみようかとか、(以前はSNS系いくつか登録していたのですが、どうも合わず退会)何かを目指す意味で新しいことをはじめるのもいいかもとか、考えるのは簡単なんですが、そっから先は難しいですわな。
 自分に一番合った方法を探すってのは、案外難しい。
 妥協点を探っていくのが、つまり生きていく上では案外大事なんじゃないだろうかとさえ思ってしまう。
 無責任な大人たちが蔓延する世の中で、如何に自分らしく生きていくのか。自分が納得いくところに辿り着けるのか。

 色々チャレンジしたり成功したりしてる人を傍目に見て、羨ましくある反面、山形の片田舎で出来る限りのことしかできない自分がやれるだけのことをやってるんだと見せつけたい気持ちもあるんですよ。
 いいとこ、ここ数年が勝負じゃないかなと勝手に自分で思ってる。数年のうちに、何かしらで結果を出さないと、もうそのままダラダラと人生終わってしまうんじゃないかと。――確か、何年か前も同じようなことを考えて、公募に出したんだっけ。箸棒だったけど。
 自分に才能があるとは決して思わない。でも、何か一つ、光る物くらいあるだろう(笑)

 さて、まずその前に、虚空の惑星完結させないと……当初予定では今年中に完結予定だったのになぁ。終わんないなぁw 

拍手[1回]

あっという間に10月ですね~。一年の半分が終わるのは早いもんです。
空想科学祭2010も、折り返し地点に入りました!!
今年は読む期間が1ヶ月。これから長~い投票期間に入ります。
今朝見たら、もうお一人投票なさってるんですけど。早!!

デベロッパー使って、リスト作成が楽になった分、更新も早くなったというのは良いことです。
問題は、これから全部読めるかどうか……。
文字数10万字越えは1作だけなんですが、感想も書くことも頭に入れなきゃいけませんからね。がんばります……。

それぞれ感想板もこれから賑わってくると思います。
暇見て中間発表できたらいいな♪
というわけで、読み専の皆様も、是非是非遊びに来てけらっしゃい\(*^▽^*)/

拍手[0回]

60話から2ヶ月……ついに虚空の惑星70話到達しました。
長い、長いな、と思いつつ、また話を膨らませて(ry
……何でもないです。

ディックとシロウの過去を何とか繋げたいってのもありましたが、それほど意識していたわけではなく。気がついたら繋がってしまったw という感じですが、あ~、読んでない方には全く関係ないですね!
40話以降、書きたいエピソードを数珠つなぎにしている感じです。
今のところ、書こうと思ったことは書けてる。
科学考証? 時代考証? なんですかそれは(オイ
とにかく、書きたいことを書かないと前に進めない気がして、取り憑かれたかのように(そうでもないか)書いています。

今はですね、ジュンヤ君を何とかして立ち直らせてあげたくて、みんなで勇気づけてるところ(笑
あんまり好きなキャラではないのですが、彼がいないとエスターが泣くので、頑張ります。

アルファポリスのWEBコンテンツ大賞にもエントリーしてますので、そちらもどうぞよろしくお願いします。
 

拍手[0回]

肝心なことを書くの、忘れてました!
作業でてんてこ舞いでして、正直、ブログの存在も忘れ(ry

空想科学祭2010、9/1より開幕しました!!
今年も良作が集まる予感☆
既に、感想レビュー掲示板は賑わいを見せています! いいことだ!!
秋の夜長、まだまだ暑いですが、SF読んでまったり過ごしませう!

空想科学祭2010
 

拍手[0回]

> 09/02 20:25 Kさん

お返事遅くなりました。そして、お久しぶりです!
色々と立て込んでおりまして(特に今の時期、企画等もありますので)、思い切って、モノカキ魂は最終回を迎えました。言いたい放題書いて、すっきりしたような形ですね。
>最近のネットノベル事情
両極端に広がっているような気がしますね。それこそ、書籍レベルの方から、作文書き始めの方まで、どんな人でも簡単に書くことが出来る、発表することが出来るわけですから、当然と言えば当然ですが。
>できればリアルな経験をある程度つんでから小説なんかは書いてほしいなと
私もその辺は、同感です。
でも、媒体が身近になって、より簡単に発表できるようなご時世、そういうことを読者が臨むのは難しくなっている……のではないでしょうか。
>新聞
なかなか書店にも行けませんしね。資料として使っています。
主に、意識調査や人口・寿命関係のデータ、科学欄や医療関係のところを切り抜いてます。事件・時事ネタは、真実かどうかの見極めが難しいので、特に利用していません。調査が進むにつれ、最初に露呈した事実が二転三転することはよくあるからです。
>新聞には「事実」が無い
私的には、事実かも知れないけど、真実じゃない、というところでしょうか。
特に、事件関係となりますと、あくまでその段階での取材結果を載せているに過ぎず、真実かどうかと言われると、それは当事者のみぞ知るということになってしまうからです。
いずれにせよ、本来ならば自分が足で取材していくのが一番だと思うんですが、素人レベルではそれも適わず、いいとこ新聞や本・ネットを頼りにするしかないんですよね。もうちょっと身軽であれば、自分でとことん調べたいと思うのですが、現実的に難しいところです。

と、返信も長くなってしまいました。
Kさんも、どうぞご自愛くださいませ。

拍手[0回]

毎度お世話になってますアルファポリスさんのWEBコンテンツpick upにて、私と、妻と、二人の翔太が紹介されることになりました!
書いたの、3年前なんですが、ついこの間、WEBコンテンツ大賞のために登録したばかり。ちょっとびっくりです。
8/31掲載予定です。その後、しばらくSFカテゴリに掲載される予定。
久しぶりに自分の書いた話を読んだら、泣けてしまったw(←アホ)
子供が絡む話、好きなんです。自分が子供好きだからかな。
私の話にしては、結構感動もんだと思うんですけど、如何?
 

拍手[1回]

カウンター
webclap
拍手絵はお持ち帰り可。転載転用はダメですよ。
ポチッと押してくださると元気が出ます
最新CM
[07/14 李仁古]
[05/15 天崎]
[05/13 檀 敬]
[05/11 天崎]
[05/10 檀 敬]
プロフィール
HN:
天崎剣
HP:
性別:
女性
趣味:
モノカキ
自己紹介:
4児のママです。
仕事しながらコツコツ小説を書き、絵を描いています。
更新は遅め。
返信等遅れる場合有り。ご容赦ください。
メールフォーム
ご意見ご感想はこちらまで☆
pixiv
Twitter
天崎剣管理サイト一覧
SF企画<空想科学祭>2010参加者募集中!
↑昔発行していた同人誌の通販ページや画像投稿サイトなんかのマイページ。 どうぞいらしてくださいね~。
小説一覧/更新順
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ