忍者ブログ
Fantastic Cafeの更新日記/CG講座/創作談義
Calendar
<< 2017/12 >>
SMTWTFS
12
3456 789
10111213 141516
17181920 212223
24252627 282930
31
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いよいよphotoshopでの作業です。
私が今回使用するのは、photoshop7.0。
csもあるんですけど、使い慣れている7.0で描きます。

screen2.jpg
取り込んだままだと画像が横を向いているので、カンバスを回転させます。

イメージ→カンバスの回転→角度選択(今回は、90゜時計回りを選択)





screen3.jpgイメージ→モード選択 で、RGBカラーになっているか確認。

……なってないですね。
変更しておかないと、カラーでの作業が出来ません。

紙に印刷するためのCG製作の場合は、
ここでCMYKカラーを選択します。
RGBとCMYKは、色のつくりが違うので、
RGBのまま印刷すると、色がくすんだり、
思ったとおりに発色しなかったりするんですよ。

-------------------------------------------------------------------
★モードの解説
・モノクロ2階調…白黒の漫画原稿を作る時などに使います。
           白と黒・グレーのみ。
           コントラストがはっきりします。
           グレー部分はトーン処理されます。
・グレースケール…同じく白黒原稿を作る時に使います。
            カラー原稿・画像を白黒に変換してくれます。
            グレースケールに変更後モノクロ2階調にすると、
            カラーの原稿があっという間にトーン処理された白黒画像になります。
・ダブルトーン…使ったことって無いんですが、
          グレースケール時に使用できるみたいです。
          単色カラーの画像が作れます。
          (勉強不足ですみません…) 
・インデックスカラー…カラーの写真や画像を取り込んだばかりの時、
              このモードになっていると、画像がいじれません。
              白黒にしたいときはグレースケール、
              カラーの場合はRGBカラーかCMYKカラーに
              変更する必要があります。   
・RGBカラー…HP・ブログなどにアップして、モニターを通して鑑賞する絵やイラストを描く場合は
         こちらのモードを選択します。
         モニターでは赤・緑・青の3色の光の混じり具合で発色しています。
         このモードで描くことで、画面上でイメージどおりの色が出せます。
・CMYKカラー…紙に印刷することを前提に描く場合。
          インクジェットのインクを見れば一目瞭然ですが、
          印刷する時は黒・シアン(青)・マゼンダ(赤)・黄色の組み合わせで
          色を作っています。
          このため、色の構成が異なるRGBカラーで作成したイラストは、
          印刷時、モニター上と若干色が異なって見えてしまうのです。
・Labカラー/マルチチャンネル…通常使用しないので、ちょっとわかりません(涙             
-------------------------------------------------------------------

次に、線画をレイヤーに変えます。

12b54926.jpg

レイヤーウインドウの「背景」を選択し、
ダブルクリックします。

レイヤーの名前を入力します。
私は、わかりやすいように、毎回「線画」にしてます。






↑図の「背景」の字が「線画」に変わります。


邪魔なゴミを飛ばします。

screen5.jpgイメージ→色調補正→明るさ・コントラスト

ここで、明るさとコントラストをそれぞれ調整すると、
ゴミの少ないキレイな線画ができます。
明るさ、コントラストとも、数値を100に知覚すればするほど、
ゴミが飛び、キレイな白と黒になっていきます。

鉛筆画の場合は、線画薄すぎると、全て消えてしまう恐れがあるので、コントラストを100にし、明るさを調整して白黒のバランス、線の太さを整えます。


作業前と作業後の線画を比べてみると……

screen6.jpg左:作業前
右:作業後

かなり違うことがわかります。
コレなら、鉛筆画のときも、ある程度不要な線や汚れが消えるので楽チンですね。

続いて、線画を透明化する作業に移ります。

拍手[0回]

PR
sitagaki.jpgまず、下書きです。
A4サイズのコピー紙に鉛筆かシャーペンで描きます。
大体の構図とキャラは頭の中で思い描いたうえで描いていきます。

ちなみに、補助線は殆ど描きません……。
身体のバランスも、感じたままに描いてます。



次にペン入れです。
消しゴムで消すのが面倒くさい、というのと、何かあったときのリカバリーが効かないという理由で、
私は別の紙にペン入れすることにしています。

今回使用したもの
★同人誌用原稿用紙(A4)110kg
★開明墨汁
★丸ペン(ペン先はゼブラ使用)

senga1.jpg同人使用原稿用紙の下に、下書きしたコピー用紙をテープで貼り付け、
トレス台で透かしながらペン入れをしていきます。
真っ白い紙にペン入れするので、間違っても、次の紙に換えればオッケーなわけですね。
時間削減になります。
でも、環境にはよくないです(笑

線を選びながら、一気にペン入れをしていきます。



screen1.jpgペン入れ後、スキャナーで画像を取り込みます。
解像度300dpi・8bitグレーで取り込みました。
適当なファイル名を付けて、一時jpgで保存します。

線画はA4に一杯ではなく、少し小さめに描きました。
取り込む際に、あらかじめ、必要な部分をトリミングしています。(左図)


次からは、photoshopでの作業です。

拍手[0回]

カウンター
webclap
拍手絵はお持ち帰り可。転載転用はダメですよ。
ポチッと押してくださると元気が出ます
最新CM
[07/14 李仁古]
[05/15 天崎]
[05/13 檀 敬]
[05/11 天崎]
[05/10 檀 敬]
プロフィール
HN:
天崎剣
HP:
性別:
女性
趣味:
モノカキ
自己紹介:
4児のママです。
仕事しながらコツコツ小説を書き、絵を描いています。
更新は遅め。
返信等遅れる場合有り。ご容赦ください。
メールフォーム
ご意見ご感想はこちらまで☆
pixiv
Twitter
天崎剣管理サイト一覧
SF企画<空想科学祭>2010参加者募集中!
↑昔発行していた同人誌の通販ページや画像投稿サイトなんかのマイページ。 どうぞいらしてくださいね~。
小説一覧/更新順
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ